ジェフ・ゴールドブラム、デビューアルバムをリリース

ジェフ・ゴールドブラム、デビューアルバムをリリース
提供:シネマクエスト

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の公開が控える俳優のジェフ・ゴールドブラムが65歳にしてデビューアルバムをリリースする。日本で7月13日公開予定の同作でシリーズ復帰を果たすジェフは英トーク番組『グラハム・ノートン・ショー』でグレゴリー・ポーターのピアノ演奏をした際にユニバーサル参加のデッカ・レコードの上層部に見初められ、ジャズアルバムをリリースするはこびとなったという。ジェフは子供の頃にピアノを習い始め、10代の頃はピッツバーグのカクテルラウンジで演奏していたこともあったのだという。そして1990年代からはジャズバンド、ミルドレッド・スナイツァー・オーケストラの一員としてパフォーマンスを続けていた。ロサンゼルスのリックウェル・テーブル・アンド・ステージでは数々のジャズライブを定期的に開催している。そんなジェフのピアノの才能を番組で目の当たりにしたレーベルの重役たちはとても感銘を受けたそうで、すぐにロサンゼルスへと向かい、年内にデビューアルバムをリリースする話をまとめたそうだ。

最終更新日
2018-06-01 10:10:00
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには