メリル・ストリープ、パナマ文書の映画化作に出演へ

メリル・ストリープ、パナマ文書の映画化作に出演へ
提供:シネマクエスト

メリル・ストリープ(68)が、パナマ文書を題材にしたスティーブン・ソダーバーグ監督作『The Laundromat』に出演するようだ。同作にはメリルの他、ゲイリー・オールドマンとアントニオ・バンデラスが出演に向けて交渉を始めたところだと言われている。ジェイク・バーンスタインの『Secrecy World: Inside the Panama Papers Investigation of Illicit Money Networks and the Global Elite』を原作としたこの新作でメリルが演じる役柄についてはまだ明らかになっていないが、脚本はスコット・Z・バーンズが執筆したようだ。パナマ文書とは、世界で4番目に大きな法律事務所モサック・フォンセカが記録していた1150万件もの機密文書で、2015年に流出し、世界中の富豪や首脳らが違法に租税を回避していたのか明らかになっていた。今回の映画化においてはソダーバーグやバーンズ、マイケル・シュガー、ローレンス・グレイ、グレゴリー・ジェイコブズらが製作を担当する。

最終更新日
2018-05-17 10:00:25
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには