ジェームズ・キャメロン、マーベル映画にうんざり

ジェームズ・キャメロン、マーベル映画にうんざり
提供:シネマクエスト

ジェームズ・キャメロン(63)がマーベル作品に辟易しているようだ。キャメロンは、何度も同じような映画を観るのはうんざりしているとして、人々が「アベンジャーズ疲れ」を起こすことを望んでいると明かした。キャメロンは 米AMCのドキュメンタリー番『AMC Visionaries: James Cameron’s Storof Science Fiction』のプレスイベントで、同シリーズが嫌いだというわけではないとしながらも、「生殖機能も減退し、家族もいないような男たちが2時間もの間命知らずの行動をしたり、途中で街を破壊するような話の他にも伝えるべきことがある」」と厳しい言葉を放った。一方で『アバター』の最新作については、前作と異なり、家族をテーマにした物語になると明かしている。

最終更新日
2018-04-25 10:20:54
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには