ベニチオ・デル・トロ、新作映画でエグゼクティブプロデューサーへ

ベニチオ・デル・トロ、新作映画でエグゼクティブプロデューサーへ
提供:シネマクエスト

ベニチオ・デル・トロ(51)が新作映画『The Rise And Fall Of The Brown Buffalo』に加わった。同作は、1971年に出版されたハンター・S・トンプソンの小説『ラスベガスをやっつけろ』の登場人物ドクター・ゴンゾのモデルになった弁護士で活動家のオスカー・ゼータ・アコスタの物語になるようで、ベニチオはエグゼクティブプロデューサーを務める。同作の監督を務めるフィリップ・ロドリゲスは「ベニチオのようにアコスタの人間性や複雑さについて話せる人はそうそういません」とベニチオを歓迎している。一方、1998年にジョニー・デップと共演した『ラスベガスをやっつけろ』でドクター・ゴンゾ役を演じた経験があり、すでにアスコタについては熟知しているベニチオは『ラスベガスをやっつけろ』に出演する際、9週間で45ポンド(約20キロ)増量しアコスタの人生についても熱心に調べたと言われている。最近では昨年公開の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』にDJ役で出演しているベニチオは、日本で4月27日に公開予定の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にも出演、さらに今後はジョシュ・ブローリンと共演した『ボーダーライン』の続編にアレハンドロ役として続投する予定だ。

最終更新日
2018-02-22 10:10:20
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには