マット・スミス、カルト指導者チャールズ・マンソン役を演じる?

マット・スミス、カルト指導者チャールズ・マンソン役を演じる?
提供:シネマクエスト

マット・スミス(35)が『The Family』でチャールズ・マンソンを演じるための交渉に入っている。『アメリカン・サイコ』を手掛けたメアリー・ハロン監督と脚本家グィネヴィア・ターナーのコンビによる同インディーズ作品で、マットはカルト指導者マンソン役として白羽の矢が立っているようだ。同作品はカーリーン・フェイス著の『The Long Prison Journey of Leslie van Houten: Life Beyond The Cult』とエド・サンダース著の『The Family』の両方を基にした作品となる。この作品ではレスリー・バン・ホーテン、パトリシア・クレンウィンケル、スーザン・アトキンズといったマンソン・ファミリー創設に関わっていた女性らと働くことになったある大学院生のストーリーを描くという。物語は女性刑務所California Institute for Womenの特別警護施設内に入れられた3人のフラッシュバックを紐解く形で進んでいく。マットの他には、ハンナ・マリーとマリアンヌ・レンドンがそれぞれレスリー役とスーザン役として検討されているところだ。

最終更新日
2018-01-19 10:00:39
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには