リンダ・ハミルトン、「ターミネーター」第6弾でサラ・コナー役として復帰

リンダ・ハミルトン、「ターミネーター」第6弾でサラ・コナー役として復帰
提供:シネマクエスト

リンダ・ハミルトン(60)が「ターミネーター」シリーズの最新作第6弾でサラ・コナー役を続投する。ジェームズ・キャメロン監督が手掛けた1984年公開の『ターミネーター』でリンダは、近未来、機械軍に対抗する人類抵抗軍のリーダーであるジョン・コナーを生むことになるサラ役を演じており、ジョンの誕生を阻止しようと未来から送り込まれたサイボーグのターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)によって追われる姿を描いた。『ターミネーター2』にも続投したが、2015年公開のリブート作品『ターミネーター:新起動/ジェニシス』では若かりし頃のサラをエミリー・クラークが演じた。今回シリーズ最新作のメガホンを取るティム・ミラーのクリエイティブ・コンサルタント兼プロデューサーとして参加するキャメロンは、リンダがサラ役で復帰、シュワルツェネッガーも続投することを明かしている。内容は明かされていないものの、『ターミネーター2』の続編という位置付けになるようで、現在はシリーズの次世代を担う若手俳優を探しているところのようだ。

最終更新日
2017-09-25 10:20:28
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには