『アバター2』続編、デジタル加工段階に突入!?

『アバター2』続編、デジタル加工段階に突入!?
提供:シネマクエスト

ウェタ・デジタルが『アバター2』のためのグラフィック作成を始めたという。ジェームズ・キャメロン監督による『アバター』は、2009年の公開以降次回作が切望されてきたにも関わらずその製作が何度も延期になっていたが、ウェタ・デジタルが『アバター2』のためのビジュアル加工に取り組んでいるという。このことは、すでにほとんどの実写アクションシーンやモーションキャプチャの撮影は済んでおり、ウェタ・デジタルがCG加工に着手する段階にきていることを意味しているとの見方が強い。が全4作になるという続編については、当初の予定からは製作に大幅のずれが生じており、ファンは何年もの間この次回作を待ち望んでいるところだが、今年4月にキャメロン監督が公開日を明かしていたところで、先日には第1作目で主演を務めたシガニー・ウィーバーが、続編の撮影準備も既に始まっていると口にしていた。

最終更新日
2017-08-02 10:10:36
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには