アンジェリーナ・ジョリー、監督作品の配役過程について擁護

アンジェリーナ・ジョリー、監督作品の配役過程について擁護
提供:シネマクエスト

アンジェリーナ・ジョリーが、カンボジア内戦を描いた新たな監督作『First They Killed My Father』のキャスティング過程について擁護している。ヴァニティ・フェア誌に、同作のキャスティング担当者たちがカンボジアの児童養護施設やサーカス、スラム街にある学校などで主役を演じる子どもを探した過程が書かれ、そこで子供たちの前にお金が置かれ、その後には取り上げられるというような内容が含まれていたことで非難を受けていた。それに対して、アンジェリーナは実際の映画のシーンを踏まえたシミュレーションであり、報道が事実であったかのように書かれていることに対して苛立ちを覚えているとのコメントを出した。アンジェリーナはオーディションから製作に至るまで、子供たちの安全と健康には細心の注意が払われてきたとしている。

最終更新日
2017-08-02 10:00:11
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには