ジョシュ・ギャッド、舞台版「アナと雪の女王」への出演を見送る

ジョシュ・ギャッド、舞台版「アナと雪の女王」への出演を見送る
提供:シネマクエスト

ジョシュ・ギャッドはブロードウェイ版「アナと雪の女王」への出演を見送るようだ。ジョシュは2013年の同人気ディズニー映画で皆から愛されるキャラクター、スノーマンのオラフの吹き替えを担当したが、面倒な衣装を着て週8公演ものショーをこなすのは大変なため舞台版への出演するつもりはないと語る。
「あの衣装を週8公演も着て仕事することを望んではいない。誰か他の俳優に譲るつもりでいるよ。僕はパジャマで録音ブースに入るだけで十分だよ」
一方で新作映画「アナと雪の女王」続編については、「驚きと期待でいっぱい」の作風になると話している。11日(日)に行なわれたトニー賞で「エンターテイメント・トゥナイト」に語ったところによると、「次回作について色々噂を耳にするけれど、どれも素晴らしくて驚きと期待でいっぱいだよ」とのことだ。
そんなジョシュは最近、実写版『美女と野獣』のルフゥ役でも賞賛を集めている。同作でジョシュはディズニーアニメでは初めてとなるゲイのキャラクターを演じて話題になっていた。

最終更新日
2017-06-20 08:00:05
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには