『ラ・ラ・ランド』、アカデミー賞最多6部門受賞!

『ラ・ラ・ランド』、アカデミー賞最多6部門受賞!
提供:シネマクエスト

『ラ・ラ・ランド』がアカデミー賞で最多6部門に輝いた。2月26日(日)、ロサンゼルスのドルビー・シアターで行われた今年度のアカデミー賞に史上最多となる14ノミネートを受けていた同作品は、エマ・ストーンの主演女優賞、デイミアン・チャゼルの監督賞、撮影賞、美術賞、「City of Stars」で主題歌賞、作曲賞など6つの賞を勝ち取った。しかし、作品賞ではウォーレン・ベイティとフェイ・ダナウェイによって『ラ・ラ・ランド』が受賞と発表され、同作品の関係者らがステージで受賞スピーチを行っていたところ、実は本当の受賞作品が『ムーンライト』であったことが判明するハプニングも起きていた。ジミー・キンメル司会で執り行われた同授賞式では『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のケイシー・アフレックが主演男優賞、『ムーンライト』のマハーシャラ・アリが助演男優賞、『フェンス』のヴィオラ・デイヴィスが助演女優賞に輝いている。

最終更新日
2017-02-28 08:00:19
情報提供元
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには