映画感想・レビュー 4/1291ページ

ヴィレッジ:P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-09-14

そして冒頭でアッサリと結婚を断れて仕舞うジュデイ・グリア嬢が実は1番charmingで気に為る存在なのだった。ジョージ・クルーニと共演したハワイが舞台の劇映画「ファミリー・ツリー」でも何とも綺麗だった。本編は、何とか眼に見えない世界を表現しようと工夫したナイト・シャラマン監督の美学が輝いて。

SHAME-シェイム-:P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-09-14

本編に続いて女性ジャーナリストの視点から性の問題に斬り込んだ映画「快楽の渦」を観る…。其処では肉体的な欲望の元に在る心の状態への関心がインタビュー取材のスタイルや潜入ルポで顕されていたー。赤裸々な本作も又、快楽の果てに有る人の心の闇に迫った作品何だ!

未来のミライ:P.N.「たなー」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2018-09-13

個人的にはしっかりとしたテーマがあった映画。
面白い映画というよりも良い映画という感じ。
唯、共感できない方も多々いる映画だとも捉えます。
子供がいる方にはいい映画かもです。私はいるので純粋に面白かったです。

ハッピーアワー:P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-09-13

落ち着いたカメラ・ワークで人物を凝視するスタイルは気持ちが佳い程だ…。対話を積み重ねる中で或る種の〈教訓劇〉にも為り得るのは例えば、エリック・ロメール監督、洪サンス監督作品等とも共通する処で在る。素人俳優の抜擢と言う点では寡黙なロベール・ブレッソン監督タッチも見られるかも知れないのだが。

マグノリアの花たち:P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-09-13

更に偏屈な嫌われ未亡人役のシャリー・マクレーンの又、味わい深い持ち味何だねぇ~🎵🎶美容室で発作を起こす糖尿病ジュリア・ロバーツや母役のサリー・フィールドら名優の演技のアンサンブルが愉めるのはハーバード・ロス監督の洒脱な演出手腕…。🐣❤️🌸💠

響 -HIBIKI-:P.N.「てちを見続け隊隊長」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-09-13

サイレントマジョリティーのMVを観終わった瞬間から平手友梨奈に心を奪われました。そして彼女がこれからどう成長していくのか、見続けることを決めました。9月15日、映画・響を観に行きます。またまた、平手友梨奈に魅了されている自分の近い未来が見えます。

緑の光線:P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-09-13

バカンスを一人でどう過ごすかは繊細なデルフィーヌにとっては大きな心の負担…。失恋した彼女の感情の機微に寄り添ったエリック・ロメール監督の絵日記の様なスタイルの作品。自分らしい旅と出逢いはカードの予言とジューヌ・ヴェルヌの小説「緑の光線」に在る日没時の最後の光りに懸かっていたー。最高にロマンチックな夜の訪れは如何!🌇🏖️

素晴らしきかな、人生:P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-09-13

そしてナオミ・ハリスの表情がとても魅力的何だ!彼女のインタビューでもウイル・スミスとの相性の佳さが判る…。試練こそ人生をより豊かにして呉れる幸福のギフトと言う前向きな生き方、本編の大きなメッセージ🤰

彼女がその名を知らない鳥たち:P.N.「とりっピー」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2018-09-12

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

登場人物クソとは思わなかった。
好きな男に執着し、会いに行き都合よく扱われてしまう、私にはこの人しかいないから。
女を都合よく扱う男。でも、男ってそーゆー事するよね。
愛がなくなれば都合よく扱える、性処理の相手にできてしまう、口ばっかり。でも、それが男。
追ってくるのは不潔で低収でイケメンじゃない底辺男。
現実を受け入れらずイケメンに入れ込み今度こそはと信じてまた裏切られる。
そんな男達に殺意を抱く十和子が気の毒で。男運なさすぎる。
誇張されてるけど、どこにでもある理想と現実が追いつかない切ない話し。
誰にでも1度や2度経験がある事。
胸糞悪いのは、それを思い出してしまうから。
蒼井優が儚くて可愛いからで嫌な女に思えなかった。
むしろ、切ない女に見えました。
細くて白くて可憐な女を都合よく扱う男が信じられない。
男って嫌だなーと思った。
でも1人でも愛してくれる男がいる事は捨てたもんじゃない。
それを大切にすべきだった。
何故か一番印象が残ったのが松坂桃李。
嫌な男も演じれるんだと意外だった。

スパイダーマン:P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-09-12

サム・ライミ監督の本編原作に懸ける永年の募る想いが爆発した様なフレッシュな作品、憧れのメリー・ジェーン嬢を被写体にシャッターを切るピーターの念願が叶ったシーンは監督自身の心根何だろう。又、スパイダーマン2、3へと続く伝説のシリーズの始まりだった。🕸️🤸🕷️🎵

オーシャンズ8:P.N.「とり」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-09-12

オーシャンズは全作観ましたが、男性版と比較するものでもないかなと思います。
細やかで緻密な計画と配置、手の回し方が女性ならではかと。

まずケイトブランシェットがかっこよすぎるし、サンドラブロックとのツーショットは何度でも見られる。
刑務所に入れられた理由もシンプルながら女あるあるなのでしょうね。
結末までの描き方も、オーシャンズ11は盗んでほぼ終わりだったのでインパクトに欠けると思いますが、
キッチリミッチリなリベンジは男性にはできないんではないかな〜〜

役者揃いの豪華な映画、アクションじゃなくても、大画面で大女優を見る価値ありです!

ロシュフォールの恋人たち:P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-09-12

ミュージカル映画「シェルブールの雨傘」の哀しさとは裏腹な陽気さが本編ロシェフォールの湊町に大輪の花を咲かせるんだねぇ🎵華麗なミッシェル・ルグランのサウンドや絶えず聴かせるピアノの旋律と構成はチャゼル監督のミュージカルの映画作品「ラ・ラ・ランド」に驚く程に踏襲されて居るんだ…。青い服を着てダニエル・ダリューの娘役のジュヌテーヴ・テニエ嬢がキュートで一寸、気に為る存在だったー。画家ジャック・ドウミ監督の現代アートへの関心も垣間見せる作品!⚓️💃🕺

大いなる幻影:P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-09-12

そしてジャン・ルノワール監督とジャン・ギャバンの名コンビはエミール・ゾラ原作の映画化作品「獣人」でも又、ファム・ファタールを廻る愛の物語を紡ぐのであった…。デジタル・リマスターで蘇った画面は幻の名篇「ピクニック」(原作・モーパッサン)の様に妖しく美しい!

ブロークバック・マウンテン:P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-09-12

物憂げな若者の心の機微を映像に写し取った安李監督の手腕は実に見事で在った…。其れにしてもヒース・レジャーとジェイク・ギレンホールのイケメン牧童・カーボーイには女の子が黙って無い丈に、二人が密会を繰り返すのは罪の意識を一際重いものにしたー。〈男らしさ〉、〈女らしさ〉と云う既成概念を覆す様な問題提起の衝撃作何だ!

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日:P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-09-12

安李監督の壮大な仕掛けはラストのエピソードで観客を煙に巻く。病院のベッドで日本から聞き取りに来た二人の保険調査員に語った、後の話がファンタジックな本編の話の真相なのかも知れない。マジックの種証しは観客に委ねられるが、其の生々しい現実感は動物寓話としての本作の味わいを一層深いものにしたと想う、監督はほろ苦い「ブロークバック・マウンテン」のテイストを此処でもやってのけたんだねぇ🎵🎶🐬

ゾンビー~最凶ゾンビ蜂襲来~:P.N.「ハナモモ☆」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2018-09-12

B級映画と分かっていながらも観ましたが、恐ろしい程のB級映画!!途中眠くなるので要注意(-.-;)蜂があまりにもCG感出し過ぎやろって突っ込みたくなります(≧ω≦)
ストーリーもいまいち、ちんぷんかんぷん☆
今年観た映画で一番後悔した作品でした(^_^;)
勇気がある方は是非!

MEG ザ・モンスター:P.N.「ストレスシネマicco」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-09-11

観たかったのはサメ、ジョーズ、メガロドン!

海からいきなりサメがバーンっ!ガブガブッ!ぎゃーおぉ!こんな感じが味わえれば十分です。

だってそれこそサメ映画、ステイサムの最強格闘シーン水中バージョンまで観れましたから、至れり尽くせり贅沢な気持ちです。

シェルブールの雨傘:P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-09-11

ミッシェル・ルグランの音楽、ジャック・ドウミ監督のパステル・カラーな彩りからロマンチックな作品を期すると此処にはミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」に踏襲された様な残酷な迄の、夢の滅びの美学が在るんだ…。フランソワ・トリュフォー監督作品「暗くなるまでこの恋を」でカトリーヌ・ドヌーブを起用した時にキット、本ファム・ファタール振りが意識されていたのであろう🎵🎶✨切ない迄に美しくあれ!

最終更新日:2018-09-19 16:00:07

広告を非表示にするには