アラーニェの虫籠 作品情報

あらーにぇのむしかご

恐怖と戦慄の連鎖を夢幻的映像美で描くホラー

アラーニェの虫籠のイメージ画像1

郊外の工場跡地に建つ巨大集合住宅。最近では、女子高生の変死体が発見され、不可解な心霊現象が目撃されるなど、いわくつきの噂が絶えない場所だった。ここに引っ越してきた、気弱な女子大生りんは、ある夜、救急車で搬送される老婆の腕から大きな虫が飛び出るのを目撃する。虫のことが気になったりんは図書室で調べる内、民俗学者の時世と出会い、過去にもこの地域で、奇妙な虫の目撃例が多発していたことを知る。それは“心霊蟲”と呼ばれ、古来から人知れず存在していたという。“虫”を見た者の中には、不気味な予兆と共に、変死を遂げた者も少なくないため、“虫の呪い”ともいわれた。呪いの恐怖におびえる彼女は、不思議なオーラを放つ中学生・奈澄葉や、呪術師の斉恩らとの出会いを通して、自らも蟲や怪異の正体に迫っていく。しかし、それはりん自身が、封印された過去と向き合うことを意味していた……。

「アラーニェの虫籠」の解説

押井守監督「イノセンス」など多数の作品にスタッフとして参加してきた新進アニメーション作家・坂本サクが、全工程を1人で手掛けた劇場用アニメーション。<超絶絵師>とも呼ばれる坂本が「パーソナルな製作だからこそ可能なアニメーション表現」を駆使した本作は、国内外で絶賛され、ロッテルダム国際映画祭など10以上の海外映画祭で上映されている。主人公・りんの声を、人気声優・花澤香菜が担当。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年8月18日
キャスト 監督・原作・脚本・アニメーション・音楽坂本サク
声の出演花澤香菜 白本彩奈 伊藤陽佑 片山福十郎 バトリ勝悟 福井裕佳梨 土師孝也
配給 プレシディオ
制作国 日本(2018)
上映時間 75分
公式サイト https://www.ara-mushi.com/

(C)坂本サク/合同会社ゼリコ・フィルム

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「アラーニェの虫籠」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-08-10 00:12:26

広告を非表示にするには