英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18 ロイヤル・バレエ『白鳥の湖』 作品情報

えいこくろいやるおぺらはうすしねましーずんろいやるばれえはくちょうのみずうみ

2018年、バレエ界最大の話題作

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18 ロイヤル・バレエ『白鳥の湖』のイメージ画像1
英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18 ロイヤル・バレエ『白鳥の湖』のイメージ画像2

1890年代、女王の側近に化けた悪魔ロットバルトに操られた宮廷が舞台。花嫁を選ぶことを強いられている悩める王子ジークフリートは、白鳥の姿に変えられたオデット姫が夜のひと時、人間に戻る様子を見て恋に落ちる。オデットは誰も愛したことがない者の真実の愛の誓いだけが、この呪いを解くことができると語る。だが結婚相手を選ぶ舞踏会で、ジークフリートはオデットと、瓜二つの妖艶なオディールに魅せられ、愛を誓ってしまう。ロットバルトは悪魔の正体を現し、オデットへの誓いは破られた。裏切りを知ったオデットは絶望し、死ぬことでしか呪われた運命からは逃れられないと悟る。許しを乞う王子は湖畔にやってくるが…。

「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18 ロイヤル・バレエ『白鳥の湖』」の解説

チャイコフスキーの美しい旋律に乗せた、クラシック・バレエの不朽の名作がロイヤル・バレエ団によって、31年ぶりに新演出によるプロダクションに一新。従来の2幕の白鳥たちが舞う湖畔のシーンはそのままに、気鋭の美術家ジョン・マクファーレンによる絢爛たる舞台美術と衣装、弱冠31歳の振付家リアム・スカーレットの手によって新しい振付と設定が加わった。英国バレエ伝統の演劇性を強調した演出により、鮮烈で壮麗な愛の傑作が誕生した。オデットとオディールの二役を演じるのは、ロイヤル・バレエを代表するトップ・プリマのマリアネラ・ヌニェス。気高く抒情的なオデットとトリプルも織り交ぜた32回転のグランフェッテなどの超絶技巧で魅惑的なオディールを演じ分けた。(作品資料より)

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18 ロイヤル・バレエ『白鳥の湖』のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年8月24日
キャスト 振付マリウス・プティパ レフ・イワノフ
追加振付・演出リアム・スカーレット
追加振付フレデリック・アシュトン
指揮クン・ケセルス
出演マリアネラ・ヌニェス
配給 東宝東和
制作国 イギリス(2018)
上映時間 204分
公式サイト http://tohotowa.co.jp/roh/

(C)ROH, 2018. Ph. by Bill Cooper.

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18 ロイヤル・バレエ『白鳥の湖』」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-07-27 00:11:13

広告を非表示にするには