運命は踊る 作品情報

うんめいはおどる

息子の戦死の誤報から人々の運命が回り出す

運命は踊るのイメージ画像1
運命は踊るのイメージ画像2

玄関の呼び鈴が鳴り、軍の役人が一家の息子ヨナタンの戦死を告げ、母のダフナはショックで気を失う。父のミハエルは沈黙で受け止めるが、役人の態度に苛立ちを覚える。やがて、息子の死は誤報であった事が告げられるが、安心するダフナと対照的に、ミハエルは息子をすぐに呼び戻すように要求する。一方、息子のヨナタンは、検問所で、その日も緊張と弛緩が混じった時間を過ごしていた。しかし、ある事件が彼の運命を狂わす。

「運命は踊る」の解説

2017年第74回ヴェネチア国際映画祭で審査員グランプリ(銀獅子賞)を受賞した、イスラエルのサミュエル・マオズ監督の長編2作目。長編1作目の『レバノン』も同映画祭でグランプリ(金獅子賞)を受賞している。本作の原題であり、物語のテーマが「フォックスロット」だ。これは、前右左後とステップを踏み、元の位置に戻るダンスのステップで、人はどうあがいても運命には逆らえず、元のところに戻ってきてしまうという宿命を象徴しているかのようだ。本作はまた、イスラエル軍兵士の日常を私たちに見せてくれる。緊張の中の退屈、あるいは退屈の中の緊張。何も起こらないルーティーンの日常とはいえ、兵士は人を殺す事もできるし、殺される危険性もある。劇中に起きる“ある事件”は、そんな事を私たちに思い知らせてくれる。

運命は踊るのイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年9月29日
キャスト 監督・脚本サミュエル・マオズ
出演リオール・アシュケナージー サラ・アドラー ヨナタン・シライ
配給 ビターズ・エンド
制作国 イスラエル=ドイツ=フランス=スイス(2017)
上映時間 113分
公式サイト http://www.bitters.co.jp/foxtrot/

(C)Pola Pandora - Spiro Films - A.S.A.P. Films - Knm - Arte France Cinema - 2017

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「運命は踊る」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-09-21 00:15:20

広告を非表示にするには