沖縄スパイ戦史 作品情報

おきなわすぱいせんし

沖縄戦の深い闇

沖縄スパイ戦史のイメージ画像1
沖縄スパイ戦史のイメージ画像2

1944年の晩夏、大本営が下した遊撃隊の編成命令を受け、42名の陸軍中野学校出身者が沖縄に渡った。ある者は偽名を使い、学校の教員として離島に配置された。身分を隠し、沖縄の各地に潜伏していた彼らの真の狙いとは。そして彼らがもたらした惨劇とは…。

「沖縄スパイ戦史」の解説

第二次世界大戦末期、米軍が上陸し、民間人を含む24万人余りが死亡した沖縄戦。第32軍・牛島満司令官が降伏する1945年6月23日までが“表の戦争”なら、北部ではゲリラ戦やスパイ戦など“裏の戦争”が続いた。作戦に動員され、故郷の山に籠もって米兵たちを翻弄したのは、“陸軍中野学校”出身のエリート青年将校たちだった。長期かつ緻密な取材で本作を作り上げたのは『標的の村』『戦場ぬ止み』の三上智恵と、学生時代から八重山諸島の戦争被害の取材を続けてきた大矢英代。戦後70年以上語られることのなかった“秘密戦”の数々が一本の線で繋がる時、明らかになるのは過去の沖縄戦の全貌だけではない。映画は、南西諸島で進められる自衛隊増強とミサイル基地配備、さらに日本軍の残滓を孕んだままの「自衛隊法」や「野外令」「特定秘密保護法」の危険性へと深く斬り込んでいく。(作品資料より)

沖縄スパイ戦史のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年7月28日
キャスト 監督三上智恵 大矢英代
配給 東風
制作国 日本(2018)
上映時間 114分
公式サイト http://www.spy-senshi.com/

(C)2018『沖縄スパイ戦史』製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

レビューを投稿する

「沖縄スパイ戦史」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-09-23 00:01:02

広告を非表示にするには