悲しみに、こんにちは 作品情報

かなしみにこんにちは

新しい家族に出会う忘れられない夏

悲しみに、こんにちはのイメージ画像1
悲しみに、こんにちはのイメージ画像2

1993年の夏、病気だったママが死んで6歳のフリダはバルセロナから田舎の村に暮らす叔父夫婦に引き取られる。彼らの娘アナは姉ができたことが嬉しくてはしゃぎ、叔母のマルガは我が子同様に温かく時に厳しく接するが、混乱と不安の中にいるフリダにとって、生活の激変は受け容れがたいものだった。祭りの準備、苦手な牛乳、森の中の秘密の祭壇、血液検査、川での水遊びなど、ママのいない夏の時間が過ぎて行くが…。

「悲しみに、こんにちは」の解説

あなたの子ども時代の記憶が甦る。そんな特別な映画だ。スペインの新星カルラ・シモン監督が自らの体験を脚本に書き、幼き日々を過ごしたカタルーニャの田舎を舞台に、カタルーニャ語で撮り上げた長編デビュー作である。監督の分身であるフリダは親の死に直面し、取り残されてしまう恐怖や心細さを抱え、周りの大人たちを観察して彼らを試す。オーディションで選ばれたライア・アルティガス扮するフリダのまなざしがすべてと言っていい。一切の説明や余計な音楽を排した見事な手法だ。ベルリン国際映画祭やスペイン版アカデミー賞と呼ばれるゴヤ賞で新人監督賞を受賞し、アカデミー賞外国語映画賞スペイン代表にも選出された傑作。

悲しみに、こんにちはのイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年7月21日
キャスト 監督・脚本カルラ・シモン
出演ライラ・アルティガス パウラ・ロブレス ブルーナ・クッシ ダビド・ヴェルダグエル フェルミ・レイザック
配給 太秦、ノーム
制作国 スペイン(2017)
上映時間 96分
公式サイト http://kana-shimi.com/

(C)2015,SUMMER 1993

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「悲しみに、こんにちは」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-09-23 00:01:02

広告を非表示にするには