GODZILLA 決戦機動増殖都市 作品情報

ごじらけっせんきどうぞうしょくとし

「GODZILLA」三部作、第二章

GODZILLA 決戦機動増殖都市のイメージ画像1
GODZILLA 決戦機動増殖都市のイメージ画像2

21世紀初頭、人類はゴジラに蹂躙された地球に多くの人命を残し、選ばれし者達だけで恒星間移民船・アラトラム号に乗って移住可能な「約束の地=タウ星e」を目指す。しかし計画は失敗、人類は再び地球へと舞い戻ることに。そして、長距離亜空間航行によって生じた時空の歪みは、人類が戻るべき場所を二万年後の地球に変えてしまっていた。その地球でハルオたちは20年かけて考案した対ゴジラ戦術を異星人と共に実行し、ゴジラを倒すことに成功する。しかし、喜びも束の間、地中深くから真のゴジラ<ゴジラ・アース>が姿を現す。二万年もの間成長を続け、体高300メートル、質量10万トンを超える姿へと進化した超巨大ゴジラの圧倒的な力を前に、ハルオたちは散り散りになってしまう。そしてハルオを救ったのは、人類の生き残りと目されるフツアの民、ミアナだった。一方、ビルサルドの指揮官・ガルグは、フツアの持つ矢じりが“自律思考金属体=ナノメタル”でできている事に気づく。それは、かつて彼らが富士山麓で対ゴジラ決戦兵器として開発するも、起動寸前で破壊されたメカゴジラを構成するものと同じ物質であり、その開発プラントが今も残っている証だった。

「GODZILLA 決戦機動増殖都市」の解説

ゴジラ映画史上初のアニメ―ション映画『GODZILLA』三部作の第二章。第二章の舞台である元富士山の雲海に圧倒的な存在感で現れる“ゴジラ・アース”の巨体から放たれる熱線攻撃は圧巻だ。(作品資料より)

GODZILLA 決戦機動増殖都市のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年5月18日
キャスト 監督静野孔文 瀬下寛之
声の出演宮野真守 櫻井孝宏 花澤香菜 杉田智和 梶裕貴 諏訪部順一 三宅健太 堀内賢雄 中井和哉 山路和弘 上田麗奈 小澤亜李
配給 東宝映像事業部
制作国 日本(2018)
上映時間 101分
公式サイト http://godzilla-anime.com/

(C)2018 TOHO CO., LTD.

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「ミスチーフ・ジョーンズ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2018-05-28

前作と比べると、ファンタジックな作りになっているので、そこは好みが分かれる所(ハードボイルド小説に例えると、チェイスとチャンドラーくらいの差がある)。今回はバトルより、主人公を取り巻く人間関係がメインか。中間話ということで、展開がやや強引な所はあるが、最終話に対する期待値は高いと思う。


レビューを投稿する

「GODZILLA 決戦機動増殖都市」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-07-21 00:01:03

広告を非表示にするには