心の故郷~ある湾生の歩んできた道 作品情報

こころのこきょうあるわんせいのあゆんできたみち

台湾で生まれた日本人=湾生をテーマにしたドキュメンタリー

心の故郷~ある湾生の歩んできた道のイメージ画像1
心の故郷~ある湾生の歩んできた道のイメージ画像2

湾生といわれる、戦前に日本統治時代の台湾で生まれた2世、3世の日本人。多くは昭和のはじめに生まれ幼少時代をすごし、日本人の通う小学校へ。クラスの中には、特別な台湾人も。やがて戦時体制に入り、学徒勤労動員にかりたてられ、中学上級生は陸軍に召集される。日本の敗北による終戦。終戦をめぐって台湾人との関係も逆転。様々な出来事があった。昭和21年春、親や祖先の故郷日本へ「引揚げる」事に。しかし、湾生にとって引揚げではなかった。荒廃した日本の地で見たものは?生まれた台湾と違う光景だった。日本の戦後復興と共に成長し、やがて就職、結婚、家族もできた。頭の片隅には台湾があった。そして80歳をすぎ、あらためて向きあう台湾。単なる台湾懐し物語ではなく幼青壮老を生きた人生日記として綴られたドキュメンタリー映画。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年5月19日
キャスト 監督林雅行
ナレーション川平朝清
配給 クリエイティブ21
制作国 日本(2018)
上映時間 150分
公式サイト http://creative21inc.wixsite.com/cr21/blank
心の故郷~ある湾生の歩んできた道のイメージ画像3

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「心の故郷~ある湾生の歩んできた道」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-08-04 00:01:20

広告を非表示にするには