告白小説、その結末 作品情報

こくはくしょうせつそのけつまつ

鬼才ポランスキーの才気あふれるミステリー

告白小説、その結末のイメージ画像1
告白小説、その結末のイメージ画像2

母親との生活を綴った私小説がベストセラーとなったあと、スランプに陥っている作家デルフィーヌ。ある日、熱狂的なファンだと言う女性エルが現れる。脅迫状にも苦しめられているデルフィーヌは、献身的で本音で語り合えるエルに信頼を寄せていく。やがて、2人は共同生活を始めるが、時々ヒステリックになるエルに、デルフィーヌは困惑するようになる。はたしてエルは何者で、何のためにデルフィーヌに接近してきたのか。

「告白小説、その結末」の解説

ロマン・ポランスキー監督が『毛皮のヴィーナス』以来4年ぶりに発表した作品は、フランスの女性作家デルフィーヌ・ド・ヴィガンの小説「デルフィーヌの友情」を原作に、ベストセラー作家とその熱狂的なファン、2人の女性が織りなす危うい関係を軸に描いたミステリー。主人公の女性作家デルフィーヌを演じるのは、『毛皮のヴィーナス』に引き続き、ポランスキー監督の妻でもあるエマニュエル・セニエ。もうひとりのヒロイン、エルを演じる『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』のエヴァ・グリーンとのスリリングな関係が見どころ。脚本には、映画監督としても知られるオリヴィエ・アサヤス。音楽を『シェイプ・オブ・ウォーター』でオスカーに輝いたレクサンドル・デスプラが手掛けるなど、スタッフも超一流。

告白小説、その結末のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年6月23日
キャスト 監督ロマン・ポランスキー
原作デルフィーヌ・ド・ヴィガン
出演エマニュエル・セニエ エヴァ・グリーン ヴァンサン・ペレーズ
配給 キノフィルムズ
制作国 フランス=ベルギー=ポーランド(2017)
上映時間 100分
公式サイト https://kokuhaku-shosetsu.jp/

(C)2017 WY Productions, RP Productions, Mars Films, France 2 Cinema, Monolith Films. All Rights Reserved.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「告白小説、その結末」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-08-17 00:13:00

広告を非表示にするには