万引き家族 感想・レビュー 71件

まんびきかぞく

総合評価2点、「万引き家族」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「アマゾン太郎」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-08-06

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

 どんな人も家族は選べない。偶然生まれ落ちた環境で、親は絶対である。そして遅かれ早かれ、親の敷いたレールに違和感を感じ、親の元を去って自分の足で歩きだすが、親が極端な場合、気が付いたときには自分の人生はどうにもならなくなっていて「いったい自分の人生は何だったんだ?」という問いかけに苦しむことになる。この映画はそういう「家族の業」をあざやかに引きずり出して提示した、という気がしました。

 父(治)は、祥太という自分の本名を、無理やり手に入れた子供(祥太)につけた。どうにもならなかった自分の人生をやりなおさせたいというはかない望みだったのかもしれない。しかし、そのような望みがうまくいくわけがなく、子供は自分の元を去って行く。でもこれは家族を去った子供たちにも、いずれおきることである。

 家族とはそういう不可避な「不毛な循環」が本質なのかもしれない。しかし、それでもなお、家族は本来善なるものであり、そこには救いがある、と監督は言いたいのだと感じている。

 ちょっと極端かもしれませんが、この映画をみてこのようなことを感じました。大変すばらしい映画でした。

P.N.「ヒロ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2018-07-22

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

先日、鑑賞させていただいて、重いないようでしたが、その中でも、家族や人とのつながりの大事さを感じさせるいい作品でした。
ひとつ気になったのが、話の主役になった家族は、最後警察に行きましたが、虐待を受けた家族は、警察にはいかなかったのがきになりました。

P.N.「ペチカ」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2018-07-22

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

つまらない。

犯罪描写に抵抗感はない。
というより、犯罪描写がショボ過ぎて、登場人物が悪事を働いているという認識がかすむ。
犯罪を助長しているとも思わない。
リアリティが無いとも思わない。
ただ、表現しようとしているものがつまらない。

松岡茉優が客と触れ合うカットは完全に蛇足。

取り上げる社会問題、労災、死体遺棄、里親、窃盗、年金搾取、虐待、風俗業、全て陳腐。

迫真の演技を見てくださいと言わんばかりの、顔だけを写し続けるカット。
空寒い。そんなんで感動させられると思ってるのか。

それっぽい画面をズラズラと並べているだけで、出来事がほぼ何も起こらない。
極限まで薄めた味噌汁。

日本の映画だから色眼鏡で見られただけで、フランスが舞台だったらどこにも引っかからなかった。
これが日本のリアルです、の一点張りでフランスの審査員を騙した通した作品。

松岡茉優のおっぱいだけは良かった。

P.N.「bogi」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-07-16

息を飲む素晴らしさ。
縁側から音だけの花火を見上げる6人の顔と、警察で何と呼ばれていたか尋ねられた際の安藤サクラの表情の変化が本作を象徴する。
監督が編集しているので、場面転換が明確。
豪華なちょい役と松岡茉優の豊胸にお得感。

P.N.「あやりん」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2018-07-14

人間の弱さや、その弱さに流され世間の常識から意図せずに外れてしまった、底辺に近いところを生きてる人を描いている、という感じでしょうか。いつか壊れてしまうだろう目の前にある幸せをギリギリ守りつつ「間違った方向に」生きていることが、悲哀を含んでいて何とも言えず。それはいまの世の常識では計れないんですよね。…そこが警察官でありテレビ局なんだと。ただ万引きについて明確に否定する箇所が無かったのは残念です。

P.N.「智博母さん」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-07-13

重く辛い、でもこれあるだろうなあ~と思いながら観てたら
あっという間に。。。
それぞれが以前より幸せと感じる未来があれば、それでいい

と思いながらの帰路でした

安藤サクラさん、樹木希林さん
すごい
万引き家族。今の社会を見ることができる映画でした。

P.N.「えみっち」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2018-07-12

見終わった瞬間の正直な感想はは?終わり?まじで?!って感じ
期待していっただけにショック
つまんーい、¥1800返してもらいたーいって思いました。

P.N.「かーさん」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-07-12

悲しい気持ちになりました。社会の底辺の人びとが万引きをしながらも健気に生きている。万引き家族 ひどい人たちと思って見に行きました。ところが彼らは弱者に優しい人たちでした。最後はばらばらになっていきますが、そこで触れた優しさがずっと残っていくにちがいない。駄菓子屋のおじさんも優しいんです。だから少年は妹を守った。彼女また虐待家庭に戻されます。これが今の当たり前の正義でしょ。暗い気持ちになりかけました。あの子がドアの外で数を数えながら歌っていましたね。あの歌を一生忘れないと思います。あの子の中に優しさがインプットされたのですね。是枝監督が最後に救ってくれました。いろいろなシーンで優しさ溢れる映画でした。

P.N.「五人家族」さんからの投稿

評価
なし
投稿日
2018-07-11

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

ごめんなさい。全く意味がわかりませんでした。家族で見に行きました。ほんとにみにきたこと後悔しました。子供にとってすごく悪影響だと思いました。あらすじを見たところ、、子供たちにもなにかかんじとってくれるないようなのかとおもいきや、、最悪でした。映画館でこんなに不愉快なおもいになったのは初めてでした。

P.N.「アーミニ」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2018-07-08

訳が分からない話、どこがいい?

P.N.「ちーちゃん」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2018-07-05

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

昨日みました。これがパルムドール もう一度みないとなにを言いたいのか不明 たんたんとした流れで見ていて心地よい感じはありました。子役の方や、役者さん方の演技も秀逸 
子供がいなくなると捜索は当たり前 亡くなった人を自宅に葬るなんてことはありえない
そして父になるの終わり方がよかったので余韻がなにもなし
リリーフランキーさん とてもよかった 
よく理解するにはもう一度見るべきか 理解しなくてもいいか
そうめんがテーブルに流れていたのがちょっと嫌だった。やらせっぽい。

P.N.「ぺこりん」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2018-07-04

ちょっとダークな内容なので、賛否両論好き嫌いが分かれる作品だと思います。戦後を経験した方々が観たら、どの様な感想を持つのかちょっと興味があります。個人的な感想は…。面白いとかつまらないと言った言葉ではなく、悪くないかも。という表現が一番しっくり来ました。こういった、ちょっと文学的で社会派的要素を含み、出演者の感情や表現を最小限に抑えた作品は、これからどんどん増えて行くのではないでしょうか。ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ作品にも少し通ずるところもあり、今回パルム・ドールを受賞したのも頷けます。

P.N.「2度」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2018-07-04

観終わった後の感想は「つまらない」です。
あまりに期待外れなので、いろいろと調べていくうちに、
「一度ではわからない」という結論に。
2度以上観る必要があると思う。
1度で分かった人は相当な感性の持ち主か事前の予備知識があった人のように感じます。(単行本もあるらしい)
ネットに出ている人物相関図などは、ほぼ間違っているので、自分なりの疑問をよく調べたうえで、もう一度観ることをお勧めします。
私のような凡人にとっては、2度目は感動できる映画かもしれない。
そんな面倒なことをしたくない人は観ないほうが賢明。

P.N.「あした」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2018-07-04

まず、万引きや虐待を肯定しているという人がいますが、決して肯定などしていません。ドラマとして楽しんだらいいのでは?と思います。
その上で、この映画はドキュメンタリーと小説のどっち付かずの作品になってしまっていると感じます。
ドキュメンタリーとして観てしまうと、嘘っぽく感じて伝わるものがない。
小説と思いながら観ると、物足りない。万引きシーンなんかもっと爽快に描けなかったものだろうか。観客が「あんなやり方があるのか!」と笑えるような衝撃が欲しかった。そうすれば、他人家族の思いも伝わってきたかもしれないと感じる。

P.N.「ゆう」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2018-07-02

CMだけだとあんなエロシーンがあるなんて全く思わず。
小学生の娘が見たいと言ってたので見に行ってしまいました。
PG12じゃなく、あれはR指定にすべきだと思います。
娘はどう思ったのかな。
内容も私には良さがわからなかった。でも旦那は良い映画だと絶賛してたけど。

P.N.「さくた」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-07-02

辛口レビューが多いですが、個人的には深く心に染み込みこんだ映画でした。登場人物それぞれに感情移入してしまってとても切なくなりました。是枝監督は人間を一面だけで評価せず、矛盾も含めてきちんと描ける心根の優しい監督だと感じ、救われる思いがしました。俳優さんたちの演技も本当に素晴らしかったと思います。

P.N.「映画ってすごい」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-07-02

評価が低いコメントは同じ人が書いておられるのでは、と感じます。好き嫌いは、結局価値観の違いなので仕方がないのだと思いますが、犯罪が恥だと思う人には向かない映画でしょう。
万引き、虐待、どちらも勿論許されることではありません。でも、様々な状況(虐待している親も自分の親に愛されたことがない)で、たまたまそういう状況に置かれれば、自分だって同じことをしていたかもしれない、と感じます。そういう人たちの一面がその人すべてじゃない。その違うところで、家族以外の人とつながりながら生きる場所がみつかる。喜び、悲しみ、どうしようもなさ、すべてが、私だって同じようにいろいろなものを抱えて生きている、というところで重なるのです。

P.N.「妃茉莉」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2018-07-01

普通に良い映画でした。ですが、犯罪というところにひっかかり…、星3つです。子供連れはNGですね。全世代、楽しめる映画を心から期待してます。演技は良かったです。でも、あまり見たくないシーンがあった。そこは、ショックです。

P.N.「明日」さんからの投稿

評価
なし
投稿日
2018-07-01

そんな奴おらんで
おったら往生しまっせ
外国で受けたんは
えっ 日本てこんなんなんって
思ったからやわ
リアルっぽく作っといて
ありえへんやん
毎日近所のおんなじ店で
万引きすんの
学校も行かんとブラブラしてる子どもおるか
外国で賞とるのんろくなんないな

P.N.「ぷーさん」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-06-30

レビュー観てなかったからここに来て酷評が多い事にビックリした(笑)評価の低い人…まあ人それぞれ感じ方は違うよね!見る価値無いとか酷いわ。人間本来持ってる汚さとか…愛情や孤独…強くて弱い所が如実に表現されてると思う。何不自由なく暮らせてる人には理解出来ないかも知れない!と感じました。敢えてドキュメントっぽくてリアリティーを感じました。観て良かったと思えた。

最終更新日:2018-08-19 00:01:02

広告を非表示にするには