のみとり侍 作品情報

のみとりざむらい

“蚤とり”、実態は女性に愛をご奉仕する裏稼業

のみとり侍のイメージ画像1
のみとり侍のイメージ画像2

老中・田沼意次の規制緩和により、金になれば何でもOKな江戸の世。越後長岡藩士として出世コースを邁進する小林寛之進は、ある失言から藩主・忠精の逆鱗に触れ、左遷されてしまう。その左遷先は、猫の“蚤とり”を生業とする貧乏長屋。そこには、旦那の甚兵衛と女房のお鈴、貧しい子供たちに読み書きを教える友之介が暮らしていた。戸惑う寛之進の初めての猫の“蚤とり”客は、亡き妻・千鶴に瓜二つの女・おみね。この運命的な出会いに胸高鳴る寛之進であったが、彼女から浴びせられたのは、「この、下手クソが!!!!」の一言。猫の“蚤とり”とは、女性に“愛”をご奉仕する裏稼業であったのだ。意気消沈する寛之進の前に、妻・おちえに浮気を封じられた、伊達男の清兵衛が現れた…。

「のみとり侍」の解説

小松重男の小説「蚤とり侍」を実写映画化。主人公・小林寛之進を演じるのは阿部寛。監督は『後妻業の女』の鶴橋康夫。(作品資料より)

のみとり侍のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年5月18日
キャスト 監督・脚本鶴橋康夫
原作小松重男
出演阿部寛 寺島しのぶ 豊川悦司 斎藤工 風間杜夫 大竹しのぶ 前田敦子 松重豊 桂文枝
配給 東宝
制作国 日本(2018)
年齢制限 R-15
上映時間 109分
公式サイト http://nomitori.jp/

(C)2018「のみとり侍」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「のみとり侍」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-05-26 00:01:02

広告を非表示にするには