ラプラスの魔女 作品情報

らぷらすのまじょ

東野圭吾の人気小説を超豪華キャストで映画化

ラプラスの魔女のイメージ画像1

初老の男性が妻と訪れた温泉地で、硫化水素中毒により死亡した。事件の担当刑事・中岡は、妻による遺産目当ての計画殺人ではないかと疑いを抱く。警察からの依頼で事故現場の調査を行った地球化学の専門家・青江修介教授は、「気象条件の安定しない屋外で、致死量の硫化水素ガスを吸引させる計画殺人は実行不可能」と断定、事件性を否定。それから数日後。別の地方都市でも硫化水素中毒による死亡事故が発生、その被害者が前回の事故で死亡した男と顔見知りであることが判明する。青江は新たな事故現場の調査に当たるが、やはり事件性は見受けられない。行き詰る青江の前に羽原円華という女性が現れる。事件の秘密を知る人物・甘粕謙人の行方を追っているという。怪しむ青江の目の前で、円華は、これから起こる自然現象を言い当ててみせる…。

「ラプラスの魔女」の解説

東野圭吾の同名小説を映画化。主演は、映画単独主演としては『神様のカルテ2』以来4年ぶりとなる櫻井翔。謎多き事件の調査を依頼された生真面目な大学教授・青江修介を演じる。そして自然現象を予言するヒロイン・羽原円華を『ちはやふる』『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』の広瀬すず、円華がその行方を追っている失踪中の青年・甘粕謙人を『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』『曇天に笑う』の福士蒼汰が演じる。監督は数々のヒット作を手掛ける三池崇史。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年5月4日
キャスト 監督三池崇史
原作東野圭吾
出演櫻井翔 広瀬すず 福士蒼汰 志田未来 佐藤江梨子 TAO 玉木宏 高嶋政伸 檀れい リリー・フランキー 豊川悦司
配給 東宝
制作国 日本(2018)
公式サイト http://www.laplace-movie.jp/

(C)2018「ラプラスの魔女」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「ラプラスの魔女」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-04-27 00:14:40

広告を非表示にするには