焼肉ドラゴン 作品情報

やきにくどらごん

伝説の舞台を豪華キャストで映画化

焼肉ドラゴンのイメージ画像1

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花、梨花、美花の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。失くした故郷、戦争で奪われた左腕…。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑ったり。店の中は、静花の幼馴染・哲男など騒がしい常連客たちでいつも大賑わい。“たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる”それが龍吉のいつもの口癖だ。そんな何が起きても強い絆で結ばれた「焼肉ドラゴン」にも、次第に時代の波が押し寄せてくるのだった。

「焼肉ドラゴン」の解説

2008年、日本の新国立劇場と韓国の芸術の殿堂(ソウル・アート・センター)のコラボレーションで製作され、日本の演劇賞を総なめにした伝説の舞台を映画化。長女・静花役を真木よう子、次女・梨花役を井上真央、三女・美花役を桜庭ななみが務める。また、静花への思いを秘めたまま梨花と結婚する男性・哲男に大泉洋が扮する。メガホンをとるのは舞台でも作・演出を務めた鄭義信。本作が映画初監督作となる。(作品資料より)

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年6月22日
キャスト 監督・脚本・原作鄭義信
出演真木よう子 井上真央 桜庭ななみ 大泉洋
配給 KADOKAWA、ファントム・フィルム
制作国 日本(2018)
公式サイト http://yakinikudragon.com/

(C)2018「焼肉ドラゴン」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「焼肉ドラゴン」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-05-18 09:37:02

広告を非表示にするには