ビヨンド・ザ・ロウ 作品情報

びよんどざろう

ノンストップ最新フレンチ・アクション大作

家族と静かな暮らしを送るために、最後の仕事に挑んだプロの強盗フランク。だが現金輸送車強盗計画の裏には、謎の犯罪組織の罠が潜んでいた。事件の関係者たちは次々と殺害され、その中には、ヴェロニクという検事もいた。検事殺しの濡れ衣を着せられフランクは逮捕されるが、真犯人を見つけるため脱獄を決行。その頃、ヴェロニク検事と共に“マッドキラー”という謎の犯罪者を追っていた女刑事のルシーは、警察内部に犯罪組織と通じている者がいることを知る。彼女は危険を犯してフランクと連絡を取り、事件について検事長に報告しようとする。だが、彼女が発見した警察内の汚職と巨大な悪の力は、政治システムにまで及んでいた…。

「ビヨンド・ザ・ロウ」の解説

アクションとドラマの深みを併せ持つ、新たなフランス製アクションの傑作。警察トップから政界まで巻き込む陰謀というストーリーが、実話に基づくというのも、作品のスケール感とリアリティを際立たせている。出演は、ダルデンヌ兄弟作品の常連オリヴィエ・グルメ、『灼熱の魂』の印象が鮮烈なルブナ・アザバル等の演技派が集結。『アルティメット2』『ザ・スクワッド』の撮影監督が監督デビューし、ハードなアクション・シーンに挑んでいる。「未体験ゾーンの映画たち2018」で上映。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年1月21日
キャスト 監督ジャン=フランソワ・アンジャン フランソワ・トロウケンス
出演オリヴィエ・グルメ ルブナ・アザバル ブーリ・ランネール ナターシャ・レニエ ヨハン・レイゼン ケヴィン・ヤンセンス
制作国 フランス=ベルギー(2017)
上映時間 86分

(C)2017 Versus production - Capture The Flag Films - Savage Film

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「ビヨンド・ザ・ロウ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-03-17 00:02:38

広告を非表示にするには