アンダー・ザ・ウォーター 作品情報

あんだーざうぉーたー

世界は海に沈んだ。人類はどうする?

アンダー・ザ・ウォーターのイメージ画像1
アンダー・ザ・ウォーターのイメージ画像2

時は2095年。海面の上昇で大陸のほとんどが海に沈み、動植物の多くは<塩病>にかかり絶滅。真水は貴重品となり、もはや人類が滅亡するのも時間の問題だった。わずかな希望は、ある女性科学者の存在。海水を真水に変える研究を完成させていたと言われるが、それを発表することなく、2017年に飛行機事故で他界していた。「なんとしても研究結果を入手せよ」政府の密命を受けたファン・ルン大尉は、特殊な技術で生み出されたQEDAと呼ばれる自らの分身を2017年へとタイムスリップさせる。しかし、分身が過去へとたどり着き女性科学者に接触した直後、通信が途絶える。果して、過去に何が起こったのか?人類は生き残ることができるのか?

「アンダー・ザ・ウォーター」の解説

温暖化に伴う海面上昇、そしてそれによって滅亡の危機にさらされる人類。近い将来起こりうるかもしれないリアルな脅威を、独自の世界観で描き出したSFサスペンス。監督は北欧デンマーク出身の俊英マックス・ケストナー。(作品資料より)

アンダー・ザ・ウォーターのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年1月6日
キャスト 監督マックス・ケストナー
出演カーステン・ビィヤーンルン ソフィア・ヘリン
配給 クロックワークス
制作国 スウェーデン=デンマーク=フィンランド(2017)
上映時間 88分

(C)2017 SF STUDIOS PRODUCTION APS, SF STUDIOS PRODUCTION AB, YELLOW FILM & TV OY

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「アンダー・ザ・ウォーター」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-04-21 00:02:38

広告を非表示にするには