ミスミソウ 作品情報

みすみそう

最強トラウマ漫画、実写映画化

ミスミソウのイメージ画像1
ミスミソウのイメージ画像2

東京から田舎に転校してきた野咲春花は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。春花の唯一の味方は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄。彼を心の支えに必死に耐えてきた春花だがイジメは日に日にエスカレートしていった。そして、ある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽くす。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心は、崩壊する…。

「ミスミソウ」の解説

「ハイスコアガール」「でろでろ」などで知られる人気漫画家・押切蓮介の代表作にして、映像化不可能と言われた伝説のコミックを実写映画化。主人公・野咲春花役には、本作で初主演を果たした山田杏奈。監督は『ライチ☆光クラブ』『先生を流産させる会』の内藤瑛亮。(作品資料より)

ミスミソウのイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年4月7日
キャスト 監督内藤瑛亮
原作押切蓮介
出演山田杏奈 清水尋也 大谷凛香 大塚れな 中田青渚 紺野彩夏 櫻愛里紗 遠藤健慎 大友一生 遠藤真人 森田亜紀 戸田昌宏 片岡礼子 寺田農
配給 ティ・ジョイ
制作国 日本(2017)
年齢制限 R-15
上映時間 114分
公式サイト http://misumisou-movie.com/

(C)押切蓮介/双葉社 (C)2017「ミスミソウ」製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「けろたろう」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-04-15

原作のコミック完全版をなぞるだけでなく更に少しラストを改変していますが、この終わり方もアリだと思います。ほぼ忠実に再現するストーリー、名シーンの連続で素晴らしかったです。やるせない思春期の鬱屈したモヤモヤ感からの暴力。白銀の世界に飛び散る鮮血の美しさ。醜悪な部分と刹那的な映像美に参りました。凄い作品に出会ってしまいました!


レビューを投稿する

「ミスミソウ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-05-26 00:01:05

広告を非表示にするには