金沢シャッターガール 作品情報

かなざわしゃったーがーる

金沢を舞台に映画化

金沢シャッターガールのイメージ画像1
金沢シャッターガールのイメージ画像2

“花菜”と“琴子”“翔子”“楓”は中学時代の大の仲良し。高校に進学することで環境が変わる中、ほかの3人はそれぞれの新生活を歩みはじめ、新たな友人関係を築き、次なる目標に進んでいく。“花菜”だけが中学時代の環境からなかなか抜け出せず前に進めないで…。

「金沢シャッターガール」の解説

人気漫画「東京シャッターガール」を、石川県・金沢を舞台に劇場映画化。変化の中でも変わらない金沢の風景をロケーションに、地元を中心とした等身大の女子高校生が、自分たちの住む街で、自分たちの言葉で日常を演じる。監督は『マリア様がみてる』の寺内康太郎。(作品資料より)

金沢シャッターガールのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年2月9日
キャスト 監督・脚本寺内康太郎
原作桐木憲一
出演のえる 高畠菜那 四谷奈々可 高井晴菜 浜田彩加
制作国 日本(2018)
上映時間 93分
公式サイト http://www.kanazawa-shutter-girl.com/

(C)2016「金沢シャッターガール」映画製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「金沢シャッターガール」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-03-21 00:02:09

広告を非表示にするには