神さまの轍 -Checkpoint of the life- 作品情報

かみさまのわだちちぇっくぽいんとおぶらいふ

ロードバイクに青春を捧げた若者たち

神さまの轍 -Checkpoint of the life-のイメージ画像1
神さまの轍 -Checkpoint of the life-のイメージ画像2

京都府井手町にある中学校に通う勇利と洋介は、ふとしたきっかけでロードバイクに熱中していく。どこに向かうか見えなくても、無心にペダルを漕ぎ続けることだけが、勇利と洋介にとっての未来であった。数年後、二人は再会する。勇利はプロのロードレーサーとして歩むことを決め、また社会人となった洋介はロードバイクに乗ることさえやめてしまっていた。そこから、二人の人生は大きく変わっていくことになる。やがて、掴んだ夢に挫折してしまう勇利と、自分の夢を見つけることが出来なかった洋介の人生とが、思い出の地、井手町を舞台としたロードレース“ツールドKYOTO 2019”で交錯する。

「神さまの轍 -Checkpoint of the life-」の解説

京都・井手町を舞台に、ロードバイクに青春を捧げた若者たちの姿を描く。主演は「真田十勇士」の荒井敦史と、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」で全国区の顔となった岡山天音。さらに、六角精児、津田寛治、阿部進之介らベテラン勢が脇をかため、望月歩と吉沢太陽が主人公の中学生時代を演じる。監督・脚本・企画は、本作が商業映画デビュー作となる作道雄。(作品資料より)

神さまの轍 -Checkpoint of the life-のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年3月17日
キャスト 監督・脚本作道雄
出演荒井敦史 岡山天音 望月歩 吉沢太陽 川村亮介 久保陽香 アベラヒデノブ 小貫加恵 松林慎司 月亭太遊 泉原豊 阿部進之介 津田寛治 六角精児
配給 株式会社エレファントハウス
制作国 日本(2018)
上映時間 86分
公式サイト http://kamisamanowadachi.com/

(C)2018 映画『神さまの轍』製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「TC88」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2018-03-23

主人公の少年期、青年期共にこれからもっともっと活躍するであろう良い若手俳優さんでキャスティングされてましたし、この映画は更に脇役の存在が抜群に良かったです。80分強という上映時間も程良い印象で、エンディングも余韻を観客に楽しませてくれるものでした。


レビューを投稿する

「神さまの轍 -Checkpoint of the life-」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-07-21 00:01:08

広告を非表示にするには