ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男 感想・レビュー 3件

うぃんすとんちゃーちるひとらーからせかいをすくったおとこ

総合評価4点、「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「ポン」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-04-29

日本では戦国時代や明治維新に於ける人物をドラマ映像化することは数あれど、近年(戦後)国を動かしたリーダーたちを主人公にしたドラマを作らなくなってしまった。かつて『小説吉田学校』という東宝映画があったが、政治家や政党に対する忖度が働いているのかなあ???
これも羨ましくなる作品だよな。実名がボンボン出てきてさ。国王まで描けるんですからね。
劇中、一人だけで地下鉄に乗ったチャーチルが、乗り合わせたロンドン市民にヒトラーとの和平交渉を受け入れるか否かを問うシーンがある。選挙権のない少女までもが“Never!(絶対ダメ!)”と叫ぶ。胸が熱くなる場面だ。日本にも彼のような真の意味で強いリーダーが欲しいものだ。

P.N.「Yasuki」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2018-04-02

自らの足で国民の声を真摯に傾けて国会に賛同を得る姿は良かったです。
ラストシーンは感動しました。
チャーチルを陰で支える奥さんも良かったです。
名宰相に内助の功あり!

P.N.「あやりん」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2018-04-02

斬新な映像で引き込まれ、(多少イイトコ取りだとしても)史実をもとにしているので勉強になった。ただまあ、当時日本はドイツ側ですけどね(*_*) 誇り高き英国人の血はこれからも受け継がれていくのでしょう。最近では艦隊を出したりもしてますし。同じ島国として羨ましくなりました。

最終更新日:2018-08-20 23:30:10

広告を非表示にするには