はじめてのおもてなし 作品情報

はじめてのおもてなし

移民の青年が迷える一家をハッピーに!

はじめてのおもてなしのイメージ画像1
はじめてのおもてなしのイメージ画像2

ミュンヘンの住宅街で裕福な暮らしをしているハートマン夫婦。しかし、妻のアンゲリカは定年後に生きがいを見失い、医者の夫リヒャルトは加齢の衰えを認めたくなく現役にこだわっている。弁護士をしている長男のフィリップ、31歳だがまだ学生の長女のソフィアが久しぶりに家に来た日、アンゲリカは難民を受け入れる事を表明。家族が混乱する中、青年ディアロがやってくる。果たして、一家は彼を“おもてなし”する事ができるのか。

「はじめてのおもてなし」の解説

2016年にドイツで公開され大ヒットになったコメディ。ドイツは最近まで、欧州諸国の中では比較的寛容に難民を受け入れてきた。しかし難民が増えればそれ絡みのトラブルも増え、国内の世論は二分されるようになる。本作の主役となるハートマン家の人々も、そうしたドイツの縮図のように、家庭への難民受け入れに賛成もいれば反対もいる。とはいえ、本作はコメディ。監督は話があまり重くならないように注意したという。そして本作の一番のテーマは「難民」でなく、それまでバラバラだった家族が受け入れをきっかけに関係を修復していく「家族の再生」。社会問題を題材に、軽いタッチで笑い、ちょっとホロリもさせられる作品。

はじめてのおもてなしのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年1月13日
キャスト 監督サイモン・バーホーベン
出演センタ・バーガー ハイナー・ラウターバッハ フロリアン・ダーヴィト・フィッツ パリーナ・ロジンスキ エリヤス・エンバレク
配給 セテラ・インターナショナル
制作国 ドイツ(2016)
上映時間 116分
公式サイト http://www.cetera.co.jp/welcome/

(C)2016 WIEDEMANN & BERG FILM GMBH & CO. KG / SENTANA FILMPRODUKTION GMBH / SEVENPICTURES FILM GMBH

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「出会いは風。」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2018-03-04

当たり前のように、生きる日常も、気づかない内に何かがずれてくる。その時、新しい出会いによって、人は、目を反らしていた現実と向き合う。その出会いによって風通しが良くなって、硬直しかけた家族にも、新しい人生が展開して行く。心を開く事で見えてくる出会いの大切さをユーモラスにハートフル描いた作品です。


レビューを投稿する

「はじめてのおもてなし」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-09-21 00:13:43

広告を非表示にするには