ジュピターズ・ムーン 作品情報

じゅぴたーずむーん

人生に敗れた男が出会ったのは、宙を舞う少年…

ジュピターズ・ムーンのイメージ画像1
ジュピターズ・ムーンのイメージ画像2

医療ミスによる訴訟で病院を追われた医師・シュテルンは、難民キャンプで働きながら違法に難民を逃すことで賠償金を稼ぎ、遺族による訴訟取り下げを目論んでいた。ある日、被弾し瀕死の重傷を負った少年・アリアンが運び込まれる。シュテルンはアリアンが重力を操り浮遊する能力を持ち、さらには傷を自力で治癒できることを知り、金儲けに使えるとキャンプから連れ出すことに成功する。その頃、アリアンを違法銃撃した国境警備隊が口封じのため彼らを追い始めるが、行く先々で起こる失踪やテロ、不可解な事件の現場に少年の痕跡が残されていることに気づく…。

「ジュピターズ・ムーン」の解説

空中浮遊の能力を持つ少年と彼を守ろうとする医師の逃亡を描いたSFエンターテインメント。医師と少年の逃亡を、テロや難民問題を内包しながらも、圧倒的な映像表現でカーチェイスや美しい空中浮遊も惜しむことなく描き、ジャンルにとらわれない比類なきエンターテインメントへと昇華させている。監督は『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)』のコーネル・ムンドルッツォ。(作品資料より)

ジュピターズ・ムーンのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年1月27日
キャスト 監督コーネル・ムンドルッツォ
出演メラーブ・ニニッゼ ギェルギ・ツセルハルミ ゾンボル・ヤェーゲル モーニカ・バルシャイ
配給 クロックワークス
制作国 ハンガリー=ドイツ(2017)
年齢制限 PG-12
上映時間 128分
公式サイト http://jupitersmoon-movie.com/

2017 (C)Proton Cinema - Match Factory Productions - KNM

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「「天使」と「40」」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-02-14

キリスト教国とイスラム教国を繋ぐ天使の存在。異教徒でありながら、シリア難民主人公は、病んでしまったキリスト教国のベルギーへ降りたった天使。違う宗教を繋ぐ天使。それが、人々への希望、救済となる。そして、40(日)。裁き、救済、復活。希望への祈りが込められている。何事も、偶然はない。奇跡は普通で、普通が奇跡を改めて考えさせる作品です。


レビューを投稿する

「ジュピターズ・ムーン」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-04-25 00:01:02

広告を非表示にするには