ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書 作品情報

ぺんたごんぺーぱーずさいこうきみつぶんしょ

政府が隠していた文書を暴く経緯を描いた実話

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書のイメージ画像1
ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書のイメージ画像2

1971年、ベトナム戦争が泥沼化している頃、国防総省(ペンタゴン)が長年にわたってベトナム戦争について調査していた膨大な書類が流出する。「アメリカはベトナムに勝利できない」という調査結果を知りながら、政府はそれを公表しなかったのだ。その文書の一部がニューヨークタイムズにリークされるが、政府はそれを強硬に差し止める。その頃、ワシントンポストの編集主幹であるベンは、その文書を入手して公表しようと奔走していた。社内でも反対が多い中、ポストのトップであるキャサリンは、掲載か政府への譲歩か、決断を迫られる。

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」の解説

「報道の自由」や「政府の規制」が日本でも問われるこの頃、非常にタイムリーな映画だ。行政のトップが国民に嘘をついているのが発覚した時、それに立ち向かうか言いなりになるか、マスコミが選択を迫られる話だからだ。これはもちろん実話で、政府はベトナム戦争に勝つ見込みがないことを知りながら、国民を戦場に送り込んでいた。問題はそれがただ暴露されただけでなく、その新聞社の暴露記事に政府が圧力をかけていたことだろう。『ブリッジ・オブ・スパイ』に引き続きトム・ハンクスとタッグを組んだ監督のスピルバーグは、現在のトランプ政権に危機感を感じて、この作品を作ったのだろう。驚異的な早撮りでこの作品を仕上げた。社会派作品だが、エンタメとしても手を抜かないのがスピルバーグ。人間ドラマとしても楽しめる。また、ますます磨きがかかっているメリル・ストリープの演技も素晴らしい。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書のイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年3月30日
キャスト 監督スティーヴン・スピルバーグ
出演メリル・ストリープ トム・ハンクス サラ・ポールソン ボブ・オデンカーク トレイシー・レッツ ブラッドリー・ウィット・フォード ブルース・グリーンウッド
配給 東宝東和
制作国 アメリカ(2017)
上映時間 116分
公式サイト http://pentagonpapers-movie.jp/

(C)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4.33点★★★★☆、9件の投稿があります。

P.N.「Mr.Ren」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-04-26

3月30日の封切りの日に観てきました。日本では未だ新聞TV等を含むメデイアに対して、規制はされていないように見えますが果たしてどうでしょうか?映画で現在の政権批判が出来るとは考えられません。 アメリカと日本の「今」を考えさせられ、古き良きアメリカのインテリアとLIFEを楽しませてくれました。大野城の爺いより


レビューを投稿する

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-05-21 23:30:10

広告を非表示にするには