花咲くころ 作品情報

はなさくころ

未来は少女の見つめる先に

花咲くころのイメージ画像1
花咲くころのイメージ画像2

ソ連が崩壊し独立したばかりのジョージア、1992年の春。首都トビリシに暮らす14歳の少女エカは同い年のナティアと大の仲良し。学校はもちろん殺伐とした配給の列にも一緒に並んで助け合う。ナティアに好意を寄せる少年ラドは彼女に銃を手渡してモスクワへ旅立つ。ある日、不良少年コテと仲間たちにナティアは誘拐され、慣習どおりコテと結婚することに。その披露宴で憮然とした面持ちのエカは意を決して踊り出す。

「花咲くころ」の解説

すぐそこにある暴力。諍いの果ての殺し合い。独立はしたものの、内戦や紛争によって疲弊し荒んでゆくジョージアで、理不尽な風習や不毛な争いに断固ノーを突きつける聡明な少女の凛とした眼差しがまぶしい。伝統ある同国の映画界に新風を吹き込んだ本作は、当時の思い出をもとにオリジナル脚本を書き下ろした新鋭ナナ・エクフィティミシュヴィリと、夫でドイツ出身のジモン・グロスの共同監督によるもの。主人公エカはまさに監督の分身だ。とりわけ、結婚披露宴でその場をさらう男性舞踊が、気高い彼女の意志の強さを印象づける。ベルリン国際映画祭国際アートシアター連盟賞、東京フィルメックス最優秀作品賞受賞作品。

花咲くころのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年2月3日
キャスト 監督ナナ・エクチミシヴィリ ジモン・グロス
出演リカ・バブルアニ マリアム・ボケリア ズラブ・ゴカラゼ ダタ・ザカレイシュヴィリ アナ・ニジャラゼ マイコ・ニヌア タマル・ブフニカシュヴィリ
配給 パンドラ
制作国 グルジア=ドイツ=フランス(2013)
上映時間 102分
公式サイト http://www.hanasakukoro.com/

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「花咲くころ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-04-22 00:01:02

広告を非表示にするには