皆殺しの天使 作品情報

みなごろしのてんし

異才ブニュエル、幻の傑作

皆殺しの天使のイメージ画像1
皆殺しの天使のイメージ画像2

オペラ観劇後に晩餐会が催された邸宅。20人のブルジョアが宴を楽しんでいる。夜が更け、やがて明け方になっても、誰も帰ろうとしない。次の夜が来ても、誰もが帰らない。皆、帰る方法を忘れたか、その気力も失われたかのように客間を出ることができないのだ。召使も去り、食料も水も底をつく。何日間にもわたる幽閉状態が続き、人々の道徳や倫理が崩壊していく。突如現われる羊や、歩き回る熊の姿。事態は異常な展開を見せていく…。

「皆殺しの天使」の解説

ある邸に集まった数十名の上流階級の紳士淑女が、目に見えぬ力に操られてその邸から外に出られなくなるというシュールな現象を描く。監督は『アンダルシアの犬』『ビリディアナ』のルイス・ブニュエル。2017年12月、リバイバル上映。(作品資料より)

皆殺しの天使のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年12月23日
キャスト 監督ルイス・ブニュエル
出演シルヴィア・ピナル エンリケ・ランバル ジャクリーヌ・アンデレ ルシー・カリャルド エンリケ・G・アルバレス
配給 アイ・ヴィー・シー
制作国 メキシコ(1962)
上映時間 94分
公式サイト http://www.ivc-tokyo.co.jp/bunuelangel/

(C)1991 Video Mercury Films

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「皆殺しの天使」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-12-01 00:10:57

広告を非表示にするには