恋とボルバキア 作品情報

こいとぼるばきあ

セクシャル・マイノリティたちの恋と日常

恋とボルバキアのイメージ画像1
恋とボルバキアのイメージ画像2

大手広告代理店の推計では、日本人の7.6%がセクシュアル・マイノリティであるという。体の性、心の性、好きになる性、表現する性…。時にカメラは、恋人たちの親密な時間や気まずい葛藤の場面を映し出す。好きになったら、嫌われたくない。一緒にいたい。結婚したい。赤ちゃんだって欲しくなる。「みんなちがって、みんないい」って、みんな言う。でも、私はツライ!そんなヒリヒリとドキドキをカメラは紡ぎだす。

「恋とボルバキア」の解説

セルフドキュメンタリー『アヒルの子』でデビューした小野さやか監督が、セクシャルマイノリティの人々をテーマに作り上げたドキュメンタリー。トランスジェンダー、レズビアン、女装者など、合計8人のセクシャルマイノリティたちの恋愛模様や日常を追いながら、彼らが生きる姿を通して曖昧で混沌とした性や恋、人によって違うさまざまな夢、幸せのかたち、生きづらさなどを描き出していく。タイトルの「ボルバキア」は、宿主を性転換させる共生バクテリアの一種だそうだ。プロデュースを担当したのは、佐村河内守氏を追った森達也監督の『FAKE』、坂本龍一を追った『Ryuichi Sakamoto:CODA』などを手がけた橋本佳子。

恋とボルバキアのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年12月9日
キャスト 監督・撮影・編集小野さやか
出演王子 あゆ 樹梨杏 蓮見はずみ みひろ 井上魅夜 相沢一子 井戸隆明
配給 東風
制作国 日本(2017)
上映時間 94分
公式サイト http://koi-wol.com/

(C)2017「恋とボルバキア」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「恋とボルバキア」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-12-15 00:11:46

広告を非表示にするには