花筐/HANAGATAMI 作品情報

はながたみ

名匠が描く、凄まじいまでの青春群像劇

花筐/HANAGATAMIのイメージ画像1
花筐/HANAGATAMIのイメージ画像2

1941年の春。佐賀県唐津市に暮らす叔母のもとに身を寄せる榊山俊彦の新学期は、並外れた魅力を持つ美少年の鵜飼、虚無僧のような吉良、お調子者の阿蘇らの学友たちと、“勇気を試す冒険”に興じる日々を送っていた。一方で、肺病を患って苦しむ従妹の美那に恋心を抱きながらも、女友達のあきねや千歳と青春を謳歌していた。しかし、彼らの純粋で自由な日常は、いつしか戦争の渦に飲み込まれてゆく。

「花筐/HANAGATAMI」の解説

大林宣彦監督が、1977年のデビュー作『HOUSE ハウス』より以前に書き上げていたという幻の脚本を映画化。『この空の花』『野のなななのか』に続く戦争3部作の最終章として撮り上げた、青春群像劇。原作は檀一雄の純文学「花筐」。戦争の足音が迫る時代を懸命に生きる若者たちの、友情や恋を描き出している。舞台となるのは佐賀県唐津市。絢爛豪華な“ヤマ”と呼ばれる巨大な山車が目玉の祭り「唐津くんち」が初めて全面協力している。大林監督作の常連俳優・窪塚俊介が俊彦役で主演を務め、俊彦が憧れを抱く美少年を『無限の住人』の満島真之介、ヒロインを『江ノ島プリズム』の矢作穂香がそれぞれ演じるほか、長塚圭史、柄本時生、山崎紘菜、門脇麦といった豪華な競演陣が脇を固めている。

花筐/HANAGATAMIのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年12月16日
キャスト 監督大林宣彦
出演窪塚俊介 矢作穂香 常盤貴子 満島真之介 長塚圭史 山崎紘菜 柄本時生 門脇麦
配給 新日本映画社
制作国 日本(2017)
年齢制限 PG-12
上映時間 169分
公式サイト http://hanagatami-movie.jp/

(C)唐津映画製作委員会/PSC 2017

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「花筐/HANAGATAMI」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-12-16 00:01:05

広告を非表示にするには