パシフィック・リム:アップライジング 作品情報

ぱしふぃっくりむあっぷらいじんぐ

KAIJU VS イェーガー、富士山での最終決戦!

パシフィック・リム:アップライジングのイメージ画像1
パシフィック・リム:アップライジングのイメージ画像2

KAIJUたちとの戦争から10年。戦争の英雄、スタッカー・ペントコストの遺児であるジェイクは、イェーガーのパーツであるプラズマ蓄電池を盗もうとしたところで捕まり、イェーガーを自作している少女アマーラとともに中国にある環太平洋防衛軍(PPDC)のモユラン基地に送られる。義姉の森マコの指示でイェーガーパイロット訓練生を指導する教官となることに。その頃、PPDCでは中国のシャオ産業が開発したドローン・イェーガーの導入が検討されていた。

「パシフィック・リム:アップライジング」の解説

ギレルモ・デルトロ監督のあふれるKAIJU愛、巨大ロボット愛が炸裂し、メガヒットとなった2013年公開の映画『パシフィック・リム』の続編となる本作。主人公となるのは、前作でイドリス・エルバが演じたスタッカー・ペントコスト司令官の息子・ジェイクだ。本作の決戦の舞台は、なんと日本。東京の都市を破壊し、富士山火口へと向かう3体のKAIJUたちと、ジプシー・アベンジャーらイェーガーが戦いを繰り広げる。イェーガーに乗り込むのはボイエガとスコット・イーストウッドのほか、ケイリー・スピーニー、新田真剣佑という若きパイロットたち。彼らの友情と成長も見どころの一つだ。監督を務めたのは「ヤング・スーパーマン」などドラマの演出を手がけてきたスティーヴン・S・デナイト。

パシフィック・リム:アップライジングのイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年4月13日
キャスト 監督スティーヴン・S・デナイト
出演ジョン・ボイエガ スコット・イーストウッド アドリア・アルホナ ジン・ティエン チャーリー・デイ バーン・ゴーマン 菊地凛子 新田真剣佑
配給 東宝東和
制作国 アメリカ(2018)
上映時間 111分
公式サイト http://pacificrim.jp/

(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「猫のクロ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2018-04-16

前作を知らなくても問題なく楽しめる。派手な戦闘シーンは良いがストーリーはややご都合主義の気もする。最初は頼りなかった主人公とヒロインが最後は力を合わせて敵を倒すあたりは王道的な展開で、手堅く作られているので観て損をしたという事はないだろう


レビューを投稿する

「パシフィック・リム:アップライジング」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-04-21 16:00:05

広告を非表示にするには