ミッドナイト・バス 作品情報

みっどないとばす

道の先が分かれていても、いつだって家族はそこにいる

ミッドナイト・バスのイメージ画像1

バツイチ中年男の高宮利一は、新潟~東京間を走る長距離深夜バスの運転手。東京で定食屋を営む恋人・志穂との再婚を考えていた矢先、息子の怜司が東京での仕事を辞め、帰ってくる。娘の彩菜は友人とマンガやグッズのウェブショップを立ち上げ、実現しそうな夢と結婚の間で揺れていた。そしてある夜、利一が運転する新潟行きのバスに、十六年前に別れた妻・美雪が乗り合わせる。十六年の長い時を経て、やるせない現実と人生の不安が、再び、利一と美雪の心を近づける。母の出現に反発する彩菜、動揺する怜司。突然の思いがけない再会をきっかけに、停まっていた家族の時間が、また動き出す…。

「ミッドナイト・バス」の解説

伊吹有喜の同名小説を完全映画化したヒューマンドラマ。新潟と東京を行き交う深夜高速バスの運転手を主人公に、別れた元妻、息子、娘、そして現在の恋人との葛藤の中で、一度壊れた家族がもう一度向き合い、それぞれの人生の一歩を踏み出して再出発していく姿を描く。主演は、俳優としても活躍著しい原田泰造。関越トンネルを挟んで“父性”と“男性”を往ったり来たりする難しい役柄を見事に演じ切っている。また、主人公の元妻役を山本未來、恋人役を小西真奈美、息子役を七瀬公、娘役を葵わかなが演じている。監督は錚々たる名匠の作品で助監督経験を積んできた竹下昌男。自身の長編映画初監督作品にして原田の初主演映画『ジャンプ』以来、原田とは2度目のタッグとなる。(作品資料より)

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年1月27日
キャスト 監督竹下昌男
原作伊吹有喜
音楽川井郁子
出演原田泰造 山本未來 小西真奈美 葵わかな 七瀬公 長塚京三 遠藤雄弥 渡辺真起子 遠山俊也 佐藤恒治 マギー 舞川みやこ 長谷川玲奈
配給 アークエンタテインメント
制作国 日本(2017)
上映時間 157分
公式サイト http://midnightbus-movie.jp/

(C)2017「ミッドナイト・バス」ストラーダフィルムズ/新潟日報社

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「おび」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-01-21

映画を観て何度も泣きました。大人の切なさ、人を大切に思う気持ちが痛いほどよく伝わってきました。絶妙なキャスティングで、とても上質な映画でした。小手先技でつくられた映画でなく、本物の映画!!という感じです。川井郁子さんの音楽も最高!!観た後、数日は耳から離れません!!ともかく、とても良い映画です。絶対に観てもらいたいです。


レビューを投稿する

「ミッドナイト・バス」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-01-22 16:00:01

広告を非表示にするには