人生はシネマティック! 作品情報

じんせいはしねまてぃっく

戦時中、映画製作に情熱を傾ける人々

人生はシネマティック!のイメージ画像1
人生はシネマティック!のイメージ画像2

1940年、第二次世界大戦下のロンドン。コピーライターの秘書として働いていたカトリンは、人手不足のため代わりにライターをしていたところ、情報省映画局特別顧問のバックリーの目に留まる。ダンケルクでドイツ軍の包囲から兵士を救出した姉妹の感動秘話を映画化する脚本チームに加わる事に。しかしベテラン俳優のわがままや、政府や軍部からの横やりなどにより脚本は二転三転。それでも困難を乗り越え撮影も大詰めを迎えるが…。

「人生はシネマティック!」の解説

第二次世界大戦中のイギリスを舞台に、プロパガンダ映画の脚本家に抜擢されたヒロインが、仲間たちとともにトラブルを乗り越え、映画作りに立ち向かっていく姿を描いたコメディタッチのドラマ。『ボヴァリー夫人とパン屋』のジェマ・アータートンが、脚本を執筆した経験がないながらも奮闘するヒロインを演じる。彼女をスカウトする脚本家に、『世界一キライなあなたに』のサム・フランクリン、我がままを言い放題のベテラン俳優に、『ラブ・アクチュアリー』などのビル・ナイ。くせ者たちが繰り広げる、軽妙洒脱でウィットに富んだセリフの数々、興味深い当時の映画撮影風景など見どころはたっぷり。監督は「17歳の肖像」のロネ・シェルフィグ。

人生はシネマティック!のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年11月11日
キャスト 監督ロネ・シェルフィグ
原作リッサ・エヴァンス
出演ジェマ・アータートン サム・クラフリン ビル・ナイ ジャック・ヒューストン リチャード・E・グラント ヘレン・マックロリー
配給 キノフィルムズ
制作国 イギリス(2016)
年齢制限 PG-12
上映時間 117分
公式サイト http://jinsei-cinema.jp/

(C)BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THEIR FINEST LIMITED 2016

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「人生はシネマティック!」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-11-18 00:01:03

広告を非表示にするには