殺意の誓約 作品情報

さついのせいやく

天才医師が仕掛けた完全犯罪。その先にあるのは…

殺意の誓約のイメージ画像1
殺意の誓約のイメージ画像2

フィンヌルは外科医として成功し、その分野の第一人者として病院内外からの信頼も厚い。そして美しい妻とまだ幼い娘と仲睦まじく、何不自由なく暮らしていた。そんな彼の唯一の気がかりは、前妻との間の娘アンナのこと。大学入学をきっかけに一人暮らしを始めたものの、学校を中退してしまったうえ、働くでもなく恋人の家に入り浸る日々。アンナの恋人オッターがドラッグ絡みで金を稼ぎ生活していることを知ったフィンヌルは、なんとか2人を引き離そうと警察にオッターの薬物所持を密告する。しかし逮捕されることなく証拠不十分で釈放されたオッターは、逆にフィンヌルを脅迫し、嫌がらせを始めるようになる。家族の身に迫る危険を感じたオッターは、医師という立場を利用し、ある計画を企てる。すべては愛する者を守るために…。

「殺意の誓約」の解説

2017年アイスランド・アカデミー賞にて主演女優賞等6部門に輝いた、『エベレスト3D』のバルタザール・コルマウクル監督によるサスペンス・スリラー。(作品資料より)

殺意の誓約のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年10月15日
キャスト 監督・脚本・出演バルタザール・コルマウクル
出演ヘラ・ヒルマー
配給 クロックワークス
制作国 アイスランド(2016)
上映時間 103分

(C)2016 RVK Studios

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「ミスチーフ・ジョーンズ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2017-11-14

天才医師の計画、というわりに、力業だった。もう少しメンタルな恐怖を味わいたかった。娘の恋人役には、なぜそこまで好かれるかという魅力がない(役柄がそういう役で、俳優は上手い)ので、説得力に欠ける。紙一重のアリバイの攻防は面白かった。私は期待しすぎて残念だったが、水準以上のサスペンス映画だったとは思う。


レビューを投稿する

「殺意の誓約」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-11-19 16:00:05

広告を非表示にするには