セブン・シスターズ 作品情報

せぶんしすたーず

一人っ子政策に抗い社会と戦う7つ子の運命

セブン・シスターズのイメージ画像1
セブン・シスターズのイメージ画像2

一家族につき一人の子どものみを認める「自動分配法」が実施されている社会。ある病院で7つ子が誕生し、彼女たちは月曜、火曜、水曜、木曜、金曜、土曜、日曜と名付けられた。彼女たちは“カレン・セットマン”という名で人生を共有し、それぞれの該当曜日にのみ外出する事を許された。大人になった“カレン”はエリート銀行員となるが、ある月曜日、外出したまま戻らなくなってしまう。残された6人は、月曜の行方を探り始める…。

「セブン・シスターズ」の解説

一人っ子政策が敷かれた超管理社会で、一つの人格として生きる事を強いられた一卵性7つ子たちの物語を描くSFムービー。スウェーデン出身のノオミ・ラパスが7人姉妹を一人で演じてみせた。エリート思考の野心家、天才肌のハッカー、派手好きなパーティガール、ワイルドな反逆者など、さまざまな人格を見事に演じ分けた。月曜に何が起こったのかわからないまま、謎を探りつつ社会と対決していく姉妹たちの戦う姿も見どころ。7つ子の祖父役をウィレム・デフォー、強硬派の政治家をグレン・クローズといった名優たちが演じている。メガホンを執ったのは『ヘンゼル&グレーテル』でハリウッドに進出したノルウェー出身のトミー・ウィルコラ監督。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年10月21日
キャスト 監督トミー・ウィルコラ
出演ノオミ・ラパス グレン・クローズ ウィレム・デフォー マーワン・ケンザリ クリスチャン・ルーベック ポール・スヴェーレ・ハーゲン
配給 コピアポア・フィルム
制作国 フランス=イギリス=ベルギー(2016)
上映時間 123分
公式サイト http://7-sisters.com/

(C)SEVEN SIBLINGS LIMITED AND SND 2016

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「セブン・シスターズ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-12-16 00:01:23

広告を非表示にするには