希望のかなた 作品情報

きぼうのかなた

カウリスマキ、難民問題に肉薄

希望のかなたのイメージ画像1
希望のかなたのイメージ画像2

フィンランドのヘルシンキ。戦禍のシリアを逃れ、いくつもの国境を越えて貨物船で辿りついたカーリド。難民申請をした彼は、難民であふれる収容所に入れられる。一緒に入所したイラク人のマズダックと仲良くなり身の上話をする彼は、「途中ではぐれた妹をフィンランドに呼び寄せたい」と話す。一方、妻と別れポーカーで大勝ちしたヴィクストロムはレストランを始める。風変わりな従業員に囲まれて、自分の居場所を築いていくが…。

「希望のかなた」の解説

シリアの戦争の混乱から逃れ、生き別れになってしまった妹を捜し続けた末にフィンランドへ辿り着いた移民の青年と、欠損ばかりだけど、レストランを持つ夢を叶えた中年男性の出会いを描いた本作。社会の片隅でつつましやかに生きる庶民の哀歓を寓話的に紡ぐ、フィンランドのアキ・カウリスマキ監督の新たな傑作。監督自ら、“難民三部作”の2作目と位置付けている。毎度のごとく、随所にちりばめられたアイロニーとウィットに富んだ笑いが楽しい。レストラン従業員が日本の半被姿になり、寿司店を開業する場面は爆笑ものだ。その一方で、難民に冷徹な官僚組織や、不気味なネオナチ集団を登場させるなど、シリアスかつ衝撃的なシーンも。

希望のかなたのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年12月2日
キャスト 監督・脚本アキ・カウリスマキ
出演シェルワン・ハジ サカリ・クオスマネン イルッカ・コイブラ
配給 ユーロスペース
制作国 フィンランド(2017)
上映時間 98分
公式サイト http://kibou-film.com/

(C)SPUTNIC OY, 2017

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「希望のかなた」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-10-13 00:10:59

広告を非表示にするには