シェイプ・オブ・ウォーター 感想・レビュー 13件

しぇいぷおぶうぉーたー

総合評価3点、「シェイプ・オブ・ウォーター」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「ごま」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2018-03-26

個人差が分かれる作品だと思います。色使いが非常に綺麗でした。ただ、中には所々で過激なシーンがあるので、苦手な人もいると思いました。

P.N.「まーおばさん」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-03-25

いろいろな要素がありますが、全体としてはある種のファンタジーですね。自身が主人公と近い年令のせいか、久しぶりに面白い洋画でした。

P.N.「パンフレット収集家」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2018-03-18

正直言って、なんでこの映画がアカデミー賞三冠なのか分かりません。テーマが「愛」なのか?「差別」なのか?「障害」なのか?怪物との交流を入れたファンタジー仕立てにしたばかりに返って分かりづらいです。愛なら「ゴースト」「ララランド」、差別なら「カラー」「ルーツ」、「障害」なら「レナードの朝」なんかの方がストレートで分かりやすい。ギレルモ監督が日本ナイズされてるばかりに、作品全体にウルトラQやウルトラセブンの臭いがプンプンします。アメリカじんは、グリーンマイル等のこの手の作品がどうして好きなんですかね?よう分かりません???どうせなら、ウルトラセブンのハリウッド盤作れば、アカデミー賞とれるんじゃないのかて思えてしまいます。

P.N.「sanjuro」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2018-03-11

ストーリー、映像、時代背景等々、まさに大人のロマンチック?ダーク?ファンタジーって感じで凄く良かったんですが…私の好みとしては、色んな意味でもっと小綺麗に美しく展開、表現して欲しかったです。神々しく神秘的な世界に浸りたかった私としては、陳腐に思えた場面もチラホラ。好みですが。それにしても、お友達の黒人女性さんのキャラ最高でした。

P.N.「Godhammer」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2018-03-10

ネイティブ・インディアンを虐殺し、ネイティブ・アフリカンを拉致、奴隷化し、ネイティブ・ジャパニーズを原爆のモルモットにした世界一の差別国家のクリエイターが、良心の呵責から異形の者を守る側に立つ作品が「ソルジャーブルー」以後、散見される。

P.N.「Godhammer」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2018-03-10

ネイティブ・インディアンを虐殺し、ネイティブ・アフリカンを拉致、奴隷化し、ネイティブ・ジャパニーズを原爆のモルモットにした世界一の差別国家のクリエイターが、良心の呵責から異形の者を守る側に立つ作品が「ソルジャーブルー」以後、散見される。

P.N.「Godhammer」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2018-03-10

ネイティブ・インディアンを虐殺し、ネイティブ・アフリカンを拉致、奴隷化し、ネイティブ・ジャパニーズを原爆のモルモットにした世界一の差別国家のクリエイターが、良心の呵責から異形の者を守る側に立つ作品が「ソルジャーブルー」以後、散見される。

P.N.「イクミ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-03-09

美しいものを決めると他は醜くなる。美しいも醜いも無い世界観は胸を打つ。緑の基調のセットに赤い口紅の主人公は、補色対比によってより際立つ。監督とスタッフの心意気を感じる傑作

P.N.「ミスチーフ・ジョーンズ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-03-05

美男美女は出てこないし、愛があっても野獣は王子に変わったりはしない。悪役も心底悪人ではなく、善人もしかり。ファンタジー系のラブロマンスには向かない素材ばかりだが、ここにはラブロマンスで一番観客を惹き付けるものがある。言葉が通じない設定が最大の効果をあげていると思う。

P.N.「TATSUNORI」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-03-05

素晴らしい作品です。映画を良く見る人にはミュージカル要素があったり、性描写もあったりするので、高評価になるかと思いますが、映画を余り見ない方には、何で?というシーンもあり低評価になる2極化する映画だと思います。結局、中間的な★3つくらいに落ち着くのでしょうが、洋画を好んで観ている方には絶対オススメ出来る作品です。私は主人公のサリー・ホーキンスは誰かに似ていると思って観てましたが、思い出せず、家に帰ってからロッキーのエイドリアン(タリア・シャイア)だと思い出し、とても幸せな気分になれました。

P.N.「ポン」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-03-04

泣けた。事前情報をシャットアウトして見たからなおさら素晴らしかった! どこか昔のメガヒット映画『E.T.』を思い出させてくれる感じがしましたね。サリー・ホーキンスがいい! 仲間であるオクタビア・スペンサーがいい! そして半漁人(?)がいい!あの下ネタ部分は大好き(笑)モノクロのミュージカル場面もGOOD!このファンタジー作品に感情移入出来たのはやはり脚本&演出の素晴らしさであろう!もう一度見たい!

P.N.「波紋の状態 迫害を乗り越えて」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2018-03-04

大人向けのファンタジー。水辺から始まる彼女の物語は、ちょっとモーセ(モーゼ)チック。作品自体も軽くオブラートに包んで迫害を乗り越えて生きる人々の人生に投げ掛けるファンタジー仕立ての物語。何気ない日常にも様々な迫害があるのではと波紋を広げる気づきの作品。シェイプ・オブ・ウォーターも波紋の状態として見れば新たな視点で観れると思います。単に恋物語としても。

P.N.「ゆまま」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2018-03-03

思ってた作品とはかけ離れてました個人差有るかもしれないが嫌いな作品でした。

最終更新日:2018-05-20 00:01:02

広告を非表示にするには