蝶の眠り 作品情報

ちょうのねむり

歳の差を超えた珠玉の恋愛ストーリー

蝶の眠りのイメージ画像1
蝶の眠りのイメージ画像2

50代でありながらも美しく、若い読者にも根強いファンを持つ売れっ子の女流小説家・松村涼子。作家として成功し、満ち足りた生活を送る涼子だったが、遺伝性のアルツハイマーに侵されていることを知り、人生の終焉に向き合うことを余儀なくされる。“魂の死”を迎える前に、小説を書く以外に何かをやり遂げようと、大学で講師を務め始めた涼子。ある日、大学近くの居酒屋で、韓国人の留学生チャネと出会い、ひょんなことからチャネが涼子の執筆活動を手伝うことになる。作業を進めるうち、現実と小説の世界で交差していく二人は、次第に年齢の差を超えて互いに惹かれていくが、涼子のアルツハイマーは容赦なく進行していく…。

「蝶の眠り」の解説

マルグリット・デュラスと晩年を共に過ごした38歳年下の恋人、ヤン・アンドレアが歳の差を超えて愛した彼女との16年間の日々を綴った著書を、フランスを代表する名女優ジャンヌ・モローを主演に迎えて映画化したロマンティックラブストーリー『デュラス 愛の最終章』。その衝撃的な心揺さぶる物語に着想を得て、『子猫をお願い』で知られるチョン・ジェウン監督が現代に蘇らせた。アルツハイマーを患う主人公・涼子を、5年ぶりの映画主演作となる中山美穂が演じる。韓国人留学生・チャネを演じるのは「コーヒープリンス1号店」のキム・ジェウク。幼少期に日本で生活していた経験を持ち、本作でも完璧な日本語での演技を披露している。(作品資料より)

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年5月12日
キャスト 監督・脚本・原案チョン・ジェウン
出演中山美穂 キム・ジェウク 石橋杏奈 勝村政信 菅田俊 眞島秀和 澁谷麻美 永瀬正敏
配給 KADOKAWA
制作国 日本=韓国(2017)
上映時間 112分
公式サイト http://chono-nemuri.com/

(C)2017 SIGLO, KING RECORDS, ZOA FILMS

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、8件の投稿があります。

P.N.「Butterflysleep」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-07-08

さわやかな夏草のにおいを感じるような、穏やかで美しい作品でした。観れば観るほどに感動し何度も観たくなる不思議な作品でした。


レビューを投稿する

「蝶の眠り」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-08-04 00:01:19

広告を非表示にするには