エタニティ 永遠の花たちへ 作品情報

えたにてぃえいえんのはなたちは

仏の上流階級を舞台に女性たちの命の輝きを描く

エタニティ 永遠の花たちへのイメージ画像1
エタニティ 永遠の花たちへのイメージ画像2

19世紀末、フランスの上流階級。ヴァランティーヌは親が決めた婚約を自分で破棄するが、諦めないジュールに心を動かされ結婚する。夫婦の愛は深まっていったが、病や戦争で子供たちを失ってしまう。そんなヴァランティーヌに再び喜びをくれたのは、成長した息子のアンリと幼なじみのマチルドの結婚だった。マチルドの従姉妹のガブリエルと夫のシャルルとも頻繁に交流するようになり、大家族のような賑やかで幸せな日々が続くが…。

「エタニティ 永遠の花たちへ」の解説

デビュー作『青いパパイヤの香り』でカンヌ国際映画祭のカメラ・ドールを受賞し、『シクロ』でヴェネチア国際映画祭金獅子賞に輝き、近年は村上春樹の大ベストセラー『ノルウェイの森』の映画化を手掛けた名匠トラン・アン・ユン。原作はフェミナ賞の最終候補にもなったフランスの作家アリス・フェルネの小説。ヴァランティーヌにオドレイ・トトゥ、息子のアンリにジェレミー・レニエ、マチルドにはメラニー・ロラン、ガブリエルにはベレニス・ベジョと怱々するメンツが揃った。撮影は『ノルウェイの森』でもトランと組んだマーク・リー・ピンビン。ナレーションと美術を、トランの妻で女優でもあるトラン・ヌー・イェン・ケーが担当している。

エタニティ 永遠の花たちへのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年9月30日
キャスト 監督トラン・アン・ユン
出演オドレイ・トトゥ メラニー・ロラン ベレニス・ベジョ ジェレミー・レニエ ピエール・ドゥラドンシャン イレーヌ・ジャコブ
配給 キノフィルムズ
制作国 フランス=ベルギー(2016)
上映時間 115分
公式サイト http://eternity-movie.jp/

(C)Nord-Ouest

DVD・ブルーレイ発売情報

エタニティ 永遠の花たちへ

エタニティ 永遠の花たちへジャケット写真
発売日2018年3月2日
価格3,800円+税
発売元キノフィルムズ、木下グループ
販売元ポニーキャニオン
型番PCBE-55838

19世紀末、フランスの上流階級。ヴァランティーヌは親が決めた婚約を自分で破棄するが、諦めないジュールに心を動かされ結婚する。夫婦の愛は深まっていったが、病や戦争で子供たちを失ってしまう。そんなヴァランティーヌに再び喜びをくれたのは、成長した息子のアンリと幼なじみのマチルドの結婚だった。マチルドの従姉妹のガブリエルと夫のシャルルとも頻繁に交流するようになり、大家族のような賑やかで幸せな日々が続くが…。
【特典】
メイキング&インタビュー映像
トラン・アン・ユン監督インタビュー
日本版劇場予告編

(C)2016 NORD-OUEST FILMS - PATHE PRODUCTION - ARTEMIS PRODUCTIONS - FRANCE 2 CINEMA - CHAOCORP CINEMA

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「猫のクロ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2017-11-19

19世紀末から20世紀初頭のフランス上流階級の一人の女性を通して、人の生と死とは何かを表現する作品だが、作品全般にナレーションが入っており、観る者はナレーションを追いかける事になってしまうのが残念。この作品の一番良い点はおば様からお子様まで、とにかく女性が美しい事。特に若き日『ダヴィンチ・コード』で圧倒的な存在感を示したオドレイ・トトゥが素敵に歳を取った姿を見れて非常に満足


レビューを投稿する

「エタニティ 永遠の花たちへ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-04-21 00:02:36

広告を非表示にするには