阿修羅少女(アシュラガール)~BLOOD-C 異聞~ 作品情報

あしゅらがーるぶろっどしーいぶん

伝説の剣戟バイオレンスアクションが帰ってきた

戦争前夜の日本。山奥の寒村で特高警察の者が殺され、特高警察の部隊長・甘粕は村に捜査本部を設置。繰り返される横暴な捜査に限界を迎えようとする村人たちの中に、唇を噛みしめ屈辱に耐える蓮の姿があった。蓮は、外の世界にあこがれつつ血の病のため診療所で過ごす姉・蘭を大切に思い村にとどまっていた。ついに特高警察と村人とが衝突。逃げ出した蓮の前に日本刀を携えた制服姿の少女・小夜が現れる。古きものを狩るためにここに来たと告げる小夜。特高警察と村人との衝突が激化し血で血を洗う事態に突き進もうとする中、目覚める蘭。因果の渦が巻く寒村に、小夜の刃が煌めく。

「阿修羅少女(アシュラガール)~BLOOD-C 異聞~」の解説

日本刀を携えた少女・小夜の戦いを活写した「BLOOD」シリーズから生まれ、アニメや舞台など多角展開する「BLOOD-C」シリーズの実写アクション。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年8月26日
キャスト 監督奥秀太郎
出演青野楓 松村龍之介 古田新太 宮原華音
配給 NEGA
制作国 日本(2017)
年齢制限 R-15
上映時間 90分
公式サイト http://asuragirl.com/

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「阿修羅少女(アシュラガール)~BLOOD-C 異聞~」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-11-18 00:01:05

広告を非表示にするには