ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~ 作品情報

らすとれしぴきりんのしたのきおく

満州で作られた伝説の料理を追う天才料理人

ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~のイメージ画像1

2000年代初頭。一度食べた味を忘れず、同じ料理を再現できる“絶対味覚”を持つ天才料理人・佐々木充は、自分が開いた料理店の経営に失敗して借金を抱えていた。そんな佐々木のもとに、中国料理界の重鎮である楊晴明から、彼が1930年代に山形直太朗という日本人料理人と共に満洲国で考案した「大日本帝国食菜全席」のレシピを探して欲しいという依頼が舞い込む。不審に思いながらも、佐々木はレシピを探すため、山形直太朗の足跡を追う…。

「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の解説

「料理の鉄人」の演出を手がけた作家・田中経一の料理ミステリー小説「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」を滝田洋二郎監督が映画化。一度食べた料理の味を忘れない“麒麟の舌を持つ男”が、1930年代の満州で作られていたという知られざる伝説の料理「大日本帝国食菜全席」の謎を追う。現代に生きる佐々木充を二宮和也が演じ、1930年代に生きた山形直太朗を西島秀俊が演じている。日本、中国、ハルビンの各地で少しずつ明らかになる事実、やがて二人の“麒麟の舌を持つ男”の運命が交錯していく様子は、よく練られた脚本の妙を味わうことができる。オムライス、カツサンドから高級中華料理まで、食欲をそそる料理も満載で、心まで満腹にしてくれる一作だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年11月3日
キャスト 監督滝田洋二郎
原作田中経一
出演二宮和也 西島秀俊 綾野剛 宮崎あおい 西畑大吾 竹野内豊
配給 東宝
制作国 日本(2017)
上映時間 126分
公式サイト http://www.last-recipe.jp/

(C)2017 映画「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」製作委員会 (C)2014 田中経一/幻冬舎

ユーザーレビュー

総合評価:4.79点★★★★☆、19件の投稿があります。

P.N.「映画好き」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-12-05

映画好きが好きな映画だと思います。見終わったあとに想像以上に感動します。俳優さんの演技も素晴らしかったのですが、料理の音や映像も素晴らしかった。最後の展開もつながりがわかったときに心から泣ける映画だと思います。幅広い世代が楽しめるので、家族でみても素晴らしい映画。エンドロールまでこころをみたしてくれます。おすすめです。


レビューを投稿する

「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-12-16 00:01:04

広告を非表示にするには