74歳のペリカンはパンを売る。 作品情報

ななじゅうよんさいのぺりかんはぱんをうる

老舗パン屋「ペリカン」が持つ魅力とは?

74歳のペリカンはパンを売る。のイメージ画像1
74歳のペリカンはパンを売る。のイメージ画像2

1942年に創業された浅草の老舗パン屋「ペリカン」。毎朝4時から職人がパンを作り始め、朝8時にはパンを求める客が店の前に列を作る。この「ペリカン」で扱っているパンは、食パンとロールパンのみ。パンを2種類しか作らないのは、二代目店主の渡辺多夫氏のこだわりだ。今は多夫氏の甥の渡辺陸氏が四代目店長として店を切り盛りしている。40年以上もペリカンでパンを作り続けているパン職人・名木広行氏らがまだ若い陸氏を支えているのだ。

「74歳のペリカンはパンを売る。」の解説

74年の歴史を持ち、多くのファンを抱えるパン屋「ペリカン」。内田俊太郎監督は、四代目店長の渡辺陸氏、パン職人の名木広行氏らにインタビューを重ねながら、ペリカンのパン作りに対する思いを解き明かしていく。さらに東京製菓学校のパン科で講師を務める中島進治氏、ベーカリー専門のコンサルティング会社を経営する保住光男氏らのインタビューでペリカンのパン作りにおけるオリジナル性やブランディングの秘訣などを探っていく。関係者やファンのインタビューが中心のドキュメンタリーのため、パン屋としてのペリカンの実情などが伝わってこないのがドキュメンタリーとして惜しいところだ。ただ、人を惹きつけるペリカンのパンの魅力は十二分に伝わって来る。

74歳のペリカンはパンを売る。のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年10月7日
キャスト 監督・編集内田俊太郎
出演渡辺多夫 渡辺陸 名木広行 伊藤まさこ 保住光男 中村ノルム
配給 オルケスト
制作国 日本(2017)
上映時間 80分
公式サイト http://pelican-movie.tokyo/

(C)ポルトレ

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「コーコー」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-11-02

細々と卸売業と店頭売りしているパン屋が、クラウドファウンディングで資金を集め、自らを神格化した映画。そういうマーケティング映画だと理解して見ると、とても勉強になる。そして、卸売業の哲学は伝わる。


レビューを投稿する

「74歳のペリカンはパンを売る。」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-11-19 00:01:02

広告を非表示にするには