あのコの、トリコ。 作品情報

あのこのとりこ

恋をすると、オトコは変わる。

あのコの、トリコ。のイメージ画像1

小さな頃“将来スーパースターになる!”と幼なじみと誓い合うも、引っ越しで離れ離れになり、地味で平凡なメガネ男子となっていた頼。田舎で普通に暮らしていたが、2人の幼なじみ雫と昴がそれぞれ人気モデル、人気俳優になっていることを知り、雫のいる高校に転入する。再会してすぐに雫の付き人としてCM撮影に立ち会うことになった頼は、降板させられそうになった雫を助けるために、CMに出演。彼は冴えないメガネ男子から、その場の空気を一瞬にして変えるミステリアスな少年に変貌。一躍注目を浴びることに。そんな中、昴の主演舞台に雫の出演が決定。雫の念願が叶い女優への一歩を踏み出した矢先、昴が事故で大ケガを負ってしまう。昴の降板、さらには舞台の中止も懸念されるなか、頼は女優になるという雫の夢のため、昴の代役で舞台に立つことを決意する。本番に向けて2人で稽古を重ね、頼は雫への幼い頃からの気持ちを改めて強くする。「僕は、あのコのトリコだ」。しかし、本番直前に昴がケガから復帰、予定通りのキャストで公演を行うことになる。そして大成功を遂げた初日の幕がおりたその瞬間、舞台上で昴が雫に告白するのを頼は聞いてしまう。

「あのコの、トリコ。」の解説

白石ユキの大人気漫画「あのコの、トリコ。」を実写映画化。地味で平凡、女子に見向きもされないメガネ男子の主人公・鈴木頼を演じるのは、「仮面ライダーフォーゼ」で注目を浴び、数多くの注目作に出演する若手実力派俳優、吉沢亮。元気で夢に真っすぐなモデル・立花雫を演じるのは、non-noモデルとして活躍し、「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」『僕らのごはんは明日で待ってる』に出演する新木優子。人気俳優にのし上がった東條昴役を演じるのは、「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」『覆面系ノイズ』の若手俳優・杉野遥亮。監督には、数々の話題作ドラマで演出を手掛けた期待の新鋭・宮脇亮が、満を持して映画初監督に挑戦する。(作品資料より)

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年10月5日
キャスト 監督宮脇亮
原作白石ユキ
出演吉沢亮 新木優子 杉野遥亮
配給 ショウゲート
制作国 日本(2018)
公式サイト http://toriko-movie.jp/

(c)2018 白石ユキ/小学館・「あのコの、トリコ。」製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「あのコの、トリコ。」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-05-18 09:32:13

広告を非表示にするには