フジコ・ヘミングの時間 作品情報

ふじこへみんぐのじかん

人生とは時間をかけて私を愛する旅

フジコ・ヘミングの時間のイメージ画像1
フジコ・ヘミングの時間のイメージ画像2

10代で将来を嘱望された天才ピアニストは、国籍を、さらに聴力を失い、約束されていた輝かしい未来と決別する。が、教師をしながらピアノを弾くことは辞めなかった。日本人の母とスウェーデン人の父のもとにベルリンで生まれ、戦中戦後の日本で「ガイジン」と差別されながら育ち、波乱に満ちた半生を経て、テレビのドキュメンタリー番組を機にブレイクした時、既に60代。以後、フジコ・ヘミングは世界を魅了し続けている。

「フジコ・ヘミングの時間」の解説

奇跡のピアニストの異名をとるフジコ・ヘミング。80代の今も、腕の痛みを抱えつつ日に4時間の練習は欠かさない。パリのアパルトマン、京都の古民家、さらにロサンゼルス、東京の自宅で、愛する猫や犬と暮らしながら、精力的にコンサートツアーのために世界各地に出かけてゆく。「ラ・カンパネラ」をはじめとする圧巻の演奏シーンに加え、留学時代を過ごしたベルリンへの旅に同行し、また、小女時代の絵日記と共に家族の思い出を振り返る。本人のインタビューを含む貴重な映像で孤高のピアニストの2年間を映像に納めたのは、東京スカパラダイスオーケストラやケイティ・ペリーらミュージシャンの映像作品を多数手がけてきた小松荘一朗。

フジコ・ヘミングの時間のイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年6月16日
キャスト 監督小松荘一良
出演フジコ・ヘミング 大月ウルフ
ナレーション三浦透子
配給 日活
制作国 日本(2018)
上映時間 110分
公式サイト http://fuzjko-movie.com/

(C)2018「フジコ・ヘミングの時間」フィルムパートナーズ

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、3件の投稿があります。

P.N.「KEIKO」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-07-14

大好きなカンパネラを聴いて、涙が出ました。60代後半の私ですが勇気を出して、私が出来る事を表現していこうと思います。
池袋の映画館は、満足の空気でいっぱいでした。フジコさんの演奏会のチケットを手に入れたいと思います。
嫁と娘に映画チケットをプレゼントしようと思います。


レビューを投稿する

「フジコ・ヘミングの時間」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-08-18 00:01:02

広告を非表示にするには